1枚でサマになる「ユニクロ U」初の「ヒートテックT」シンプルでお洒落と高評判

株式会社ファーストリテイリングの子会社である株式会社ユニクロは、いわずと知れたカジュアルファッションブランドを扱う会社です。1984年、広島市にユニセックスカジュアル衣料品店を開いたのを皮切りに、今では全世界2196店舗(2019年8月期時点)を展開。近年は2003年に始まったTシャツブランド「UT」シリーズやブラトップシリーズ、ヒートテックシリーズなどおしゃれで機能的な衣料品を数多く生み出しています。

近頃は秋が終わりを告げはじめ、日増しに寒い日が増えてきています。今年もそろそろヒートテックを準備する季節になったのではないでしょうか。今回、ユニクロでは人気の「Uniqlo U」シリーズから初のヒートテック素材のアイテムが登場し、早くも話題となっているようです。

*************

株式会社ファーストリテイリングが2020年10月に発表した「2020年8月期 決算短信〔IFRS〕(連結)」によりますと、 国内ユニクロ事業の当連結会計年度の売上収益は8068億円(前期比7.6%減)、営業利益は1046億円(同2.2% 増)と、減収増益という結果に。また、通期の既存店売上高(Eコマースを含む)は、同6.8%減となったそうです。これらは、上期の暖冬と下期の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けたことが原因と考えられているようです。

しかし、店舗の営業を再開した第4四半期3ヶ月間の既存店売上高は、同20.2%増と大幅な増収に。また、通期のEコマース売上高は1076億円の前期比29.3%増、下期のEコマース売上高に限っては前年同期比54.7%の大幅な増収となりました。 緊急事態宣言解除後は、以前とはまた違った需要が生まれてきているようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大手出版社の編集者を経て、経済、ライフスタイルのメディアで編集・ライターとして活動。時事問題、ライフスタイル、エンタメなど、独自の視点から幅広いジャンルの執筆を行う。