【小林 明美の星占い】開運月となる2月。あなたの「開運・金運・愛情運」を開くポイント

「節分」に新しい春を迎えるために12星座別の福をみていきましょう

寒気がまだ残るとはいえ、東洋の暦では2月は春ですね。昔は四季の最後の日である、立春、立夏、立秋、立冬の前日を季節の別れ目として「節分」といいました。江戸時代から春が四季のはじめとする考えが重要とされるようになり、現在は2月3日頃の立春前日が「節分」となりました。

そして、2月に入って初めての午の日を「初午」といい、春の初めに福をいただく初午詣(福詣)でよい年を祈願したり占ったりする日となっています。このことからも2月は開運月として重要な月といえますね。

続きを読む

そこで今回は冬から春と大きな節目と新たなスタートをする2月はどんな運勢なのか12星座別で開運・金運・愛情運を占いましたのであなたの開運・運気アップに役立ててくださいね。

2020年2月の開運・金運・恋愛運(12星座)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

幼少時代から他人とちょっと違った経験をすることが多く、その経験から学生時代に四柱推命、姓名判断、陰陽学、東洋・西洋占術全般(雑学・歴史)を学び続け、気づけば占い鑑定歴20年となりました。
現在は、卜術・相術・命術を組み合わせた占術を得意とし、数名の専属占い、日本橋オフィスにて対面の占い鑑定、チャット・メール占い師をしながら、ライターのお仕事もさせていただいています。 
最近、インターネットなどの占いも多種多様でありますね。なんか困惑しがちと私ながらに感じていますが、「占いの究極の目的は運を味方につけ開運させること。」だと思います。 悩みを抱えるみなさんに、より良い開運法、回避法をアドバイスさせていただきたいと思っています。
また、開運法を紹介することでみなさまに幸運のお裾分けができたら幸いです。