気になる勤労世帯の貯蓄額は?その平均値と中央値をチェック

コツコツと貯蓄に励んでいるなかで、ふと「ほかの世帯はどのくらい貯蓄があるのだろう」と気になったことはありませんか?自分の貯蓄額は、周囲と比べ多いのか少ないのか…。それを知るには、貯蓄額の平均値や中央値が参考になります。そこで今回は、それぞれの数字をチェックしていきましょう!

勤労者世帯の貯蓄額を確認

まずは、2018年は5月18日に総務省が発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)」の「平成29年(2017年)平均結果(二人以上の世帯)」から、勤労者世帯(二人以上の世帯に占める割合50.9%)の貯蓄額を見ていきましょう。

続きを読む

2017年の勤労者世帯の貯蓄現在高の平均値は、1327万円という結果でした。ただし、これはあくまでも平均値の数字です。極端に大きい・小さい数字が存在すると、平均値が大きく左右されてしまう特性があります。

そこで、平均値だけでなく中央値もあわせてチェックしておきましょう。2017年の結果では、貯蓄保有世帯の中央値は792万円、貯蓄ゼロ世帯を含めた中央値(参考値)は743万円となりました。1327万円だった平均値に比べると、かなり低い値であることが分かります。

中央値とは何か

先ほど登場した「中央値」とは、一体どのような数字なのでしょうか。これは、データを大きい順(あるいは小さい順)に並べたときに、真ん中にある値のことです。今回のケースに当てはめると、それぞれの貯蓄額を順番に並べ、ちょうど真ん中にいた人の貯蓄額を指します。

例えば、それぞれの貯蓄額が1憶円、5000万円、1300万円、800万円、500万円の5人がいたとしましょう。この5人の貯蓄額を多い順番に並べていき、ちょうど中間の1300万円が中央値となります。

ところが、平均値を求めると(1憶円+3000万円+1300万円+800万円+500万円)÷5人=3120万円と、中央値とは異なる数字になります。しかし、実際にこの平均値を上回っている人は、1億円の貯蓄をもつ1人だけ。

このようなパターンを考慮すると、「中央値」は「平均値」より現状に近い数値を表してくれる値と言えることができます。

貯蓄額を増やす3ステップ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。