イマドキの子育て費は2000万円超!老後資金準備と両立するには

「子育てにはお金がかかる」とはよく言われますが、今の時代の子育てにどれくらい必要なのか、いまいち把握していないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、これから子育てをしながら老後資金を貯める必要がある世代に向けて、子育て費用の総額や、教育資金と老後資金を両立する方法などについてご紹介します。

大学進学するなら、教育費は最低1,000万円必要

子育て費用には、食費、教育費、服飾費などさまざまな項目が含まれています。まずは最も高額になると予想される「教育費」について見ていきましょう。

続きを読む

文部科学省が発表した最新の調査『平成28年子供の学習費調査』(2016年)によれば、平均で以下の教育費がかかっている現状が分かります。

<公立の場合>
・幼稚園 23万3,947円/年
・小学校 32万2,310円/年
・中学校 47万8,554円/年
・高等学校(全日制) 45万862円/年
すべて公立の場合の合計 542万3949円
(幼稚園を除いた場合 472万2108円)

<私立の場合>
・幼稚園 48万2392円/年 1447176
・小学校 152万8237円/年 9169422
・中学校 132万6933円/年 3980799
・高等学校(全日制) 104万168円/年 3120504
すべて私立の場合の合計 1771万7901円
(幼稚園を除いた場合 1627万725円)

なお、19年10月からは幼児教育・保育の全面的な無償化(一部補助金付与)が実施されることが決定しているため、幼稚園の費用を抜いた費用も提示しています。

続いて、大学の進学費用を見ていきましょう。日本政策金融公庫が発表した『平成30年度「教育費負担の実態調査結果」』(18年)によれば、大学進学にあたって必要な教育費は以下のようになります。

<大学入学関連費用>
(学校納付金+受験費用+入学しなかった学校への納付金)
・私立短大 73万6000円
・国公立大学 80万1000円
・私立大学文系 90万4000円
・私立大学理系 85万5000円
平均 88万4000円

<大学在学費用>
(学校教育費+家庭教育費)
・私立短大 151万4000円/年
・国公立大学 114万8000円/年
・私立大学文系 160万1000円/年
・私立大学理系 185万3000円/年
平均 156万9000円/年

最も安い国公立大学の場合で、入学関連費用と4年間の在学費用を足すと合計で539万3,000円。先ほどの高校までの学費と合わせると、1,081万6949円となり、最も安く済む場合でも、1,000万円以上必要なことがわかりました。

生活費は、0〜22歳までで合計1,640万円!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。