今年の冬の相棒に。ブーツを新調するならこの6アイテムがオススメです!

冬の足元

この時期はついついアウターやトップスに目を奪われてしましますが、足元の準備も忘れずに。ここ最近はスニーカーがファッションシーンを席巻してきたわけですが、この冬は気分を変えてブーツという選択肢もいかがでしょうか。今回は、セレクトショップが選んだ今年のブーツをご紹介していきますので、ご参考にどうぞ。

驚くべき機能性

表面のカウスエード、内側のリアルムートンなど、真っ向から冬に立ち向かうなら、『Suicoke』のウインターブーツを。ありがちな丸いシルエットではなく四角いシャープなつくりなので、野暮ったさは軽減されスタイリッシュなイメージ。

続きを読む

ソールにはグリップ力でお馴染みのVibram社製のものが採用されていますが、スイコックのそれは世界初の抗菌・消臭効果も搭載。防水性の高さも実験によって証明されており、まさに抜かりない一足。ボリューミーなダウンと合わせたい新感覚ブーツです。

正統派が好みならこちらを

コストパフォーマンスに定評のある『JALAN SRIWIJAYA』のシンプルなサイドゴアブーツ。サイドゴアは着脱が楽なので自然と履く機会も多いですよね。だからこそ、シンプルなアイテムがオススメなわけです。

同ブランドではお馴染みのハンドウェルテッド・グッドイヤー製法はこちらも例に漏れず採用されており、品質は間違いなし。履けば履くほどあなたの足に馴染む、末永く使えるアイテムです。

デザートブーツを上品に

すっきりとしたシルエットや綺麗な色合いのベージュが上品な雰囲気を醸し出す一足。デザートブーツは本来砂の侵入を防ぐように設計されているため、悪天候でも心配要らず。

こちらもソールはVibram社製ですが、軽さが特徴的なものを採用。男らしくデニムやミリタリーアイテムと合わせるのがよろしいかと。

ジップがアクセント

ジャンプスーツをモチーフにデザインされた、フロントのジップが特徴的な一足。独特の存在感は、周りと被りたくないという方にピッタリ。

また歴史あるメーカーのソールや、グッドイヤーウェルト製法のおかげでしっかりと耐久性も確保。単なる「変わったデザイン」で終わらせない信頼できる一足に仕上がっています。

便利なフリーロックシステム

ブーツといえば、着脱が面倒で敬遠しがちな方も多いはず。そんな悩みを解決するのがフリーロックシステム。フロントの丸いギアを操作するだけで靴紐を結んだり緩めたりしてくれる便利な代物です。

さらに、昨今トレンドのシャークソールが採用されているのも要注目。スニーカー感覚で履けるデザインなので、スニーカー派の方はブーツ入門としていかがでしょう?

無骨ながらも上品に

すっきりとしたシルエットと上質なスエードで、ワークブーツらしからぬ雰囲気を醸し出すのは『Fobs Classic』に中目黒発のブランド・HOSUが別注した一足。ドレスシューズさながらの雰囲気を感じさせる中々お目にかかれない逸品です。

ソールにはコルクを仕込んで着用者の足への馴染みをよくするなど、Fobsの高級ラインらしいこだわりのある仕上がり。他では手に入らない完全限定生産モデルなので、気になる方はお早めに。

あとがき

色んなタイプのブーツが揃っていましたね。自分のワードローブと相談しながら冬の相棒を決めてみてはいかがでしょうか?

FACY

参考記事

ニュースレター

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。