大学を国内で卒業するまでに教育費用はいくら必要か

4 PM production/Shutterstock.com

大学生は大人に仲間入りを果たしているとは言えど、親からの資金的なサポートがないと卒業までこぎつけない大学生も多いのではないでしょうか。今回は日本政策金融公庫の資料をもとに見ていきましょう。

大学の入学費用はいくらか

大学に進学するためには、受験を含めて様々な費用が必要です。一体どのくらい必要なのでしょうか。一口に大学といっても国公立、私立、文系、理系、また短期大学もあります。以下、区分ごとに見ていきましょう。

続きを読む
  • 国公立大学:69.2万円
  • 私立大学・文系:92.9万円
  • 私立大学・理系:87.0万円
  • 私立短期大学:58.7万円

年間の在学費用はいくら必要か

大学に進学して教育費として親としてもっとも支出が多いのは授業料などの学校教育費ではないでしょうか。ここでは、学校教育費と家庭教育費を合計した年間の教育費を見ていきましょう。

  • 国公立大学:108.5万円
  • 私立大学・文系:161.3万円
  • 私立大学・理系:180.2万円
  • 私立短期大学:162.8万円

4年間の大学に関係する教育費はいくらか

ここでは入学費用と4年間の在学費用を合計してみましょう。

  • 国公立大学:503.2万円
  • 私立大学・文系:738.1万円
  • 私立大学・理系:807.8万円
  • 私立短期大学:384.3万円

大学にかかわる費用を親はどう見ればよいか

ここまで見てきたように、進学する大学の種類によって教育費は異なってきますが、国公立大学といっても500万円を超えます。国税庁による日本の平均年間給与所得が420万円程度なので、国公立大学の脅威う費用はそれを超える水準といえます。

青山 諭志

参考記事

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。