「夫の転勤」で妻は…多様化する家族の選択

ある日突然やってくる夫の転勤辞令。転勤のある会社だからと普段からなんとなく覚悟していても、いざとなるとどうしようかとパニックになってしまう人も多いのでは?

妻にとって、一番気になるのが「ついていくか」「単身赴任してもらうか」の選択。その決断は、夫婦のライフスタイルや子どもの有無によって様々といえます。そこで今回は、夫の転勤が決まった妻の本音や、ついていった場合、単身赴任した場合のメリット・デメリット、それ以外の選択肢をまとめてみました。

続きを読む

夫が転勤!その時妻は何を思う?

夫から転勤を告げられたとき、「今の仕事はどうする?」「子どもの学校は?」「持ち家はどうなるの?」など今の生活が夫の転勤の転勤によって変わることへの不安を感じる人は多いでしょう。
また、転勤先が遠方だったり、見知らぬ土地であったりすれば、自分や子どもたちが新しい環境に順応できるか心配だという人も多いようです。

妻が不満に思うのは、夫の転勤によって、その会社に勤めていない妻や子どもたちも環境が変化する可能性があることでしょう。夫は場所が変わっても同じ会社で働ける一方で、妻や子どもたちは転勤に帯同すれば、仕事や学校を変えなければならず、夫以上に精神的な負担になるといえます。

転勤についていく?単身赴任?

夫の転勤が決まった場合、選択を迫られるのが「ついていくか」「単身赴任か」の2択。今後の生活を左右する重要な決断ですが、辞令が出てから転勤先に赴任するまでの期間が短いことが多いので、すぐに結論を出さなければいけません。
それでは、転勤についていった場合、単身赴任にした場合のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

転勤についていった場合のメリット

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

働きたい女性が集まりチームを組んで、ライティングのお仕事を行っています。

ライティング経験豊富なチーム【フェミエール】より、女性ならではの生活の知恵を発信していきます!