「正直、実家に帰省したくない…帰省ブルー」ママたちが抱える事情とは

「年末年始は実家でのんびり過ごす」という声をよく耳にしますが、本人の気持ちはさまざまなようです。「久しぶりの帰省は楽しみだな」とワクワクしている方もいれば、心のなかでは「正直あまり帰省したくない」と思っている人も。

せっかくの帰省なのに、なぜ乗り気ではない人がいるのでしょうか。そこで今回は、そのように感じている方の事情を聞いてみました。

帰省中に感じるストレス

・「古い実家は隙間風がひどく、冬はとても寒くなります。それなのに、『エアコンをつけたい』とお願いしても許可してもらえません。厚着をして布団に丸まって過ごす年末年始なんて苦痛です」

続きを読む

・「実家では『毎年同じテレビ番組を家族で見る』という習慣があります。昔からの決まりごとのようになっているので、大人になった今でも守り続けなければなりません。他にしたいことがあるのに、このために帰省しなければならないなんて…」

・「義実家に帰省すると、大晦日に徹夜でおせち作りをさせられます。一睡もしないまま、フラフラの状態で初詣に…。もう倒れそうです」

・「日本酒が飲めない私に、義両親が無理やりお酒を飲ませてきます。正直な気持ちを伝えても、『縁起ものだから絶対に飲みなさい』って。そのあとは毎年ぐったりしています」

なにかと気を遣う義実家では、強く意見を言えずに苦労するケースも多いようです。また、自分の実家の居心地の悪さや不自由さに不満を感じる人も。「しきたりだから」「ルールだから」と逆らえない雰囲気だと、帰省する意欲がなくなってしまうのも無理はないでしょう。

帰省中に聞かれて嫌な話題

久しぶりに親と顔を合わせたと思いきや、あれこれ質問攻めに遭ってうんざりした経験はありませんか?答えにくい内容だと、なおさら帰省が億劫になってしまうでしょう。とくに、以下のような話題は嫌がられる可能性が高いようです。

お金に関する話題

たとえ自分の親でも、「給料はちゃんと上がっているの?」「これからも昇進していくの?」「老後のために貯金はしているの?」などと聞かれると、どう答えるべきか悩ましいですよね。子どもの金銭状況が心配になるのは分かりますが、お金の話は家族間でもデリケートなようです。

将来を心配される

「いまの会社は大丈夫なの?」「職場の環境はどうなの?」というような問いかけには、どこまで状況を伝えればいいのか困ってしまうようです。たとえ大企業に勤めていたとしても、出向などの様子を深くつっこまれるケースもあるでしょう。

帰省中にしておきたいこと

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。