お金持ちが語る「お金持ちになる近道」とは?

お金持ちになりたいと思っても、その方法はすぐに思いつかないですよね。そういう人が近くにいるわけでもないし、なかなかお金持ちになる方法を知る機会もないという人が多いと思います。そこで今回は、筆者が仕事柄接することのあるお金持ちの人に直接聞いたお金持ちになる近道をご紹介します。

お金持ちの人たちと付き合うこと

富裕層の人と話をしていると、ほとんどの人が言うのです。「お金持ちになりたければ、お金持ちと付き合うことが大事」だと。お金持ちになるべくしてなった人たちの考え方や生活を知ることが、お金持ちになる秘訣だということです。

続きを読む

あるお金持ちの人に言われたことがあります。「仲のいい人を5人思い浮かべてみて。その5人の平均収入があなたの収入になるんだよ」と。つまりお金持ちの人と付き合えば、あなたの収入も上がるということですね。

これについては論理的な根拠はありませんが、お金持ちの人の話を聞くと、彼らの思考回路は一般の人とはやっぱり違うなと感じます。お金持ちの人達と付き合って、お金や時間の使い方、人との付き合い方などを自分のものにするといいのではないでしょうか。

また、お金持ちと付き合うと、そこでしか出会えない機会に恵まれることが多々あります。彼らしか入れない会員制クラブがあったり、聞いたこともないような好条件の投資話があったりします。

投資話も怪しいものではなくて、信用のある富裕層だからこそそれだけの好条件で提示できる話であって、一般の人たちのところまではなかなか下りてこない話なんですよね。そういうものを見聞きして、彼らの生き方を肌で感じる機会を増やすことはお金持ちになる近道になりそうです。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

毎日ちょっとしたリスクを取ること

ある富裕層の人と話していたとき、なるほどと思ったことがありました。それは、「リスクを取らないとリターンがないことはわかっているのに、そこに踏み出さずにリターンを得ようとする人が多い」ということです。確かにリスクを取らずにいれば快適な生活を送れるかもしれませんが、何もリターンはありません。

お金持ちはそれをわかっていて、自分にとって快適な生活の範囲からあえて外れるようなことをしています。それも一つ一つは大したことではありません。その人が言っていたのは、いつもと違う道で帰るとか、興味がない分野の本を読んでみるとか、普段足を運ばないような土地をぶらぶらしてみるなどといったことです。

自分にとって興味がない分野の本を読むのは最初は苦痛かもしれませんが、読み始めると興味がわいてきたり、新しいビジネスを思いついたりと、自分の糧になると言っていたのが印象的です。いつもは行かない土地に足を運ぶのも、普段は出会わないような人と出会ったり、いつもは目にしないようなものを見たりできるのがいいと言っていました。

お金持ちになるということに直接関係がないように思うかもしれませんが、こういうことを繰り返していると不思議と運が回ってくる感じがするのです。その方が、そう話してくれた真意を知ることはできませんが、おそらく自分の興味のあることだけをしていると視野が狭くなって、あちこちにあるチャンスに気付けなくなるということなのだろうと思います。

チャンスは色々なところにあると思いますが、自分の興味のあることだけしか見ていないと、その範囲にあるチャンスしか掴むことができなくなってしまいますから。

お金を少しでも貯めること

「お金は寂しがり屋だ」というのはよく言われることですが、お金持ちはそれを肌で感じているようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。