セックスレスに悩む妻の嘆き 「夫に女性失格だと言われた気分…」

しかし、夫に拒否されて苦しみ、傷ついている女性が少なくないのも事実です。32歳のHさんもその一人。最後に夫に求められたのは、3年前。キスしたり手を繋ぐことはあってもセックスはなし。Hさんの要望で試みたものの、ご主人の体が反応しなかったのだそうです。

「そのときに、言われたんです。『君ではもう、ムラムラしない。他の女性には欲情するからEDではない。ただ、君をもう、女性として見ることができないんだ』と。確かに私は産後太ってしまいました。主人の前で恥じらいもなくしてしまっていたんだと思います。そのときは自分も悪いところがある、と反省し、ダイエットに励んだり、朝早く起きて身なりを整えてから主人を起こしたり、香水をつけたり、と『女であること』をがんばっていました」

しかし、状況は改善されません。

「主人に『そんな風に努力されると、ますますプレッシャーなんだ。君のことを愛しているから離婚は考えていない。でも、欲情しないし、君との触れ合いがもう苦痛でしかないんだ』と言われたんです。女性失格宣言されたような気持ちでした。毎日毎日泣いています。一緒にカウンセリングに行こう、と言っても拒否されそうな気がして怖くて言えません。もう私は一生女性として見てもらえないのかな…。でも、主人のことは愛しているので、離婚は考えていません。でも…辛いです」

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

「女らしさ」が解決のきっかけになるのか

セックスレスを解消するために必要だとよく言われるのが、夫婦間のスキンシップをこまめにすること、妻が女性らしさを忘れないこと、夫婦でしっかりと話し合うこと。しかし、これらは「夫婦2人がセックスレスに危機感を抱いている状態」が前提です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

母親として、妻として、そして、ひとりの女性として、人の心に寄り添うような文章を発信していきます。