iPhone女子を狙う満員電車の「AirDrop痴漢」

ビジネス、今日のひとネタ

みなさんが使っているスマートフォンは、iPhoneですか? Androidですか?

とくにiPhoneを使っている女性の場合、電車の中では注意が必要かもしれません。というのも、最近、「iPhone女子」を狙った下品な行為が電車内で発生しているようなのです。

卑劣な「AirDrop痴漢」とは?

iPhoneには、近距離にいるApple製品のユーザー同士なら、簡単に画像や動画を共有できる「AirDrop(エアドロップ)」という便利な機能があります。この機能を使って、見知らぬ人から猥褻(わいせつ)な画像が送られてくる被害が国内でたびたび報告されているというのです。これを「AirDrop痴漢」と呼びますが、ラッシュ時の満員電車の中で被害を受ける場合が多いとのこと。

続きを読む

このAirDropで画像を共有するときには、「Kyoko's_iPhone」などのように、近くにあるiPhoneやiPadの端末名が表示されます。この端末名を見て、ユーザーが女性だと思われる端末をターゲットに、こうした画像を無差別に送ってくるようです。デジタル機器を使った新手の露出狂といってもいいかもしれません。

被害者の多くは女性ですが、男性に対しても「グロ画像が送られてくる」などの被害が報告されています。

ネット上で被害の声

この話は、ウェブ記事やAbemaTVなどでも取り上げられ、ネット上には被害者の声が寄せられています。

「急に見たくもない画像を送られてきて言葉を失った」
「送信者が誰かわからないから泣き寝入りするしかない」
「犯人が電車内にいると思うと怖いし気持ち悪い」
「満員電車ってだけでも嫌なのに朝から気分悪い」

など、被害者は意外なほど多く存在するようです。

通勤ラッシュの時間帯であれば、他人同士が密着するような状況は避けられず、簡単に受信範囲内に入ってしまいます。また、満員電車の中で犯人を特定するのは、かなり難しいと言わざるを得ません。

簡単にできる対策

このような被害にあわないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

普段はAirDropを使わないという方であれば、設定を「受信しない」にしましょう。設定の変更は、

「設定→一般→AirDrop」

で可能です。仕事上で使う場合は、「使用する際のみオンにする」「受信相手は自分の連絡先のみにする」などの設定にしておくことをおすすめします。

また、個人情報保護の観点からも、iPhoneの設定ネームは本名を避けたほうがいいでしょう。特に女性は、性別が特定されないようなネームにしておくといいかもしれません。名前変更は、OSのバージョンにもよりますが、

「設定→一般→情報→名前」

で設定し直すことができます。

犯罪にあたるのか?

このように、された側にとっては非常に気分の悪い「AirDrop痴漢」ですが、実際のところ、これらの行為は犯罪にあたるのでしょうか?

卑猥な画像や動画を送った場合、「猥褻物(わいせつぶつ)頒布(はんぷ)罪」に該当する可能性があります。また、そのような画像や動画以外でも、受信者が不快に感じるようなものであれば、各自治体が制定している「迷惑行為防止条例」に違反する場合があります。

実際に大阪では、AirDrop痴漢を実に80件以上も繰り返したという和歌山在住の会社員の男性が、大阪府迷惑防止条例違反で書類送検されています。

まとめにかえて

海外では、カメラ機能のシャッター音を消音設定にできるにも関わらず、日本ではその機能は使えず、むしろ大きなシャッター音が設定されています。これは日本で盗撮被害が多発していることが背景になっています。今後、被害が増えてくれば、AirDropも機能制限されてしまうかもしれませんね。

悪用しないことはもちろんですが、ひとまず自衛として、上記でお話ししたような対処をしておくことが得策でしょう。技術が発展するにつれて、それを悪用する人もまた出てくるというのは、なんとも悲しいものですね……。

クロスメディア・パブリッシング

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。