シリーズでお送りしている「個人投資家向け株主優待研究」。

株主優待は各企業の決算期が関係します。ここでは決算期が近く、投資家の注目が集まる銘柄情報をピックアップしてお届けします!

今回は2022年2月28日が本決算となる株式会社ドトール・日レスホールディングスです。

2007年、株式会社ドトールコーヒーと日本レストランシステム株式会社の経営統合により誕生した「ドトール・日レスホールディングス」。

カフェ事業(ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェなど)のほか、洋麺屋 五右衛門、星乃珈琲店など、多業態型直営レストランチェーンを展開しています。

近頃は、つみたてNISAやiDeCoを活用した「投資信託派」も増えていますが、たまには株式投資にも目を向けてみませんか?

「消費者目線」で株主優待を楽しむ根強いファンも多いのです(※編集部注)。

今回は、株主優待の内容とともに、株式投資を始める際の注意点についてもお伝えします。株式投資のメリットとデメリットを知った上で、充実した優待ライフを送っていけたら理想的ですね!

さっそく、株式会社ドトール・日レスホールディングスの株主優待制度についてみていきましょう。

※【参考記事】イオンの株主優待制度、内容とお得な特典を解説【2021/22シーズン最新】