「プルーム・テック・プラス」と「プルーム・テック」の違いとは

プルーム・テック・プラスとプルーム・テックに共通していること

低温加熱式

たばこ葉を燃やさない、JT独自の方式です。においの発生軽減してくれます。プルーム・テック・プラスもプルーム・テックもこの方式を採用しているので、においが少ないです。

オートストップ機能

プルーム・テック・プラスもプルーム・テックもオートストップ機能を搭載しています。一定時間使用しないと電源が切れるようになっているため安心です。

まとめ

プルーム・テック・プラスとプルーム・テックの決定的な違いは吸いごたえになります。たばこカプセルのたばこ葉とたばこベイパーが増量されているので、吸いごたえが圧倒的に違います。

プルーム・テックを吸ってみて物足りないと感じた人は、プルーム・テック・プラスを試してみるとよいでしょう。またプルーム・テック・プラスから新しくプルーム・テック・プラス・ウィズが販売されています。

吸いごたえはプルーム・テック・プラスと同じでコンパクトになり、電池やたばこカプセルの残量が確認できる液晶がついています。併せてチェックしてみてください。

また、各たばこカプセルによっても味や吸いごたえが異なります。好みのたばこカプセルを見つけてみてください。

少しでも参考になれば幸いです。

OneMile セミナー

参考資料

藤原 悠喜

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門学校を卒業後、印刷会社にてBtoB、キャリア代理店にてBtoCの営業を経験。その後、IT企業の営業職に従事。2年間の東日本と西日本を駆け回る生活を経て、「日本における働きがいのある会社」ランキングにもランクインしたベンチャーグループに入社。インサイドセールスを経験しながら、デジタル広告の運用を兼任した後、Webメディア立ち上げや運営に6年間従事。Webマーケティングが専門。現在は、LIMO編集部において、記事の執筆やコンテンツ作成を中心に行っている。映像音響処理技術者認定試験合格、舞台機構調整技能士3級、クレジットカードマニア、加熱式たばこ愛煙家