「お金持ち」or「貧乏」?明暗を分ける「節約後の行動」

Hyejin Kang/shutterstock.com

「無駄な出費を抑える」と「収入を増やす」の2つを意識していれば、お金は自然と増えていくはず…。みなさんのなかにも、そのように捉えている人が多いのではないでしょうか。

たしかに、この2つを実行して順調にお金を増やしている人は、世の中に多く存在しています。しかし、一方で「収入が増えたのにお金が残らない」「節約をしているのに生活がカツカツ」という人も珍しくありません。

つまり、同じように収入アップや節約に精を出しているのに、お金が増える人とそうでない人がいるのです。では、この人たちは何が違うのでしょうか?今回は、両者の「考え方の違い」に焦点を当ててみていきます。

続きを読む

お金を増やせる「お金持ち思考」とは

収入アップや節約をしてお金持ちになっている人は、どのような考え方でうまくお金を増やしているのでしょうか。さっそく、その中身をのぞいてみましょう。

節約効果が高いものを優先する

金額が大きいもの、長期間にわたって払い続けるものは、得られる節約効果が大きいといえます。その代表的な項目として挙げられるのが、毎月の固定費。なかでも保険料や通信費は、一度見直すだけで継続的に節約効果が発揮できます。

お金を使うべきタイミングを理解している

お金を増やすには、「お金を使うべきタイミング」を掴むことも大切です。たとえば、多少高くても高性能で省電力の家電を買う、高いが満足のいく仕上がりだった美容院を利用するなど。それによりストレスが軽減する、生活の満足度が向上するといったメリットがあるなら、お金をかける価値は十分あるといえるでしょう。

「お金が余ったから」という理由で贅沢をしない

せっかく節約できたお金を使ってしまっては、いつまで経ってもお金が増えません。また、収入が上がったからといって贅沢してしまう行為も同様です。「収入アップや節約によって手にしたお金を簡単に手放さない」という意識が、お金持ち思考に繋がるのです。

お金持ち思考のポイントは、「どうすればうまくお金を残せるか」「残したお金を使わないためには、どうすべきか」といった見方にあります。

つまり、「増えた分を手元にきちんと残して増やせる人」こそが、お金持ちになれるということ。一見すると当たり前のように感じられますが、実行できていない人は意外と多く見受けられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。