私立・公立小学生の学年別「習い事」費用は、いくらか

Yuganov Konstantin/shutterstock.com

一言で「習い事」といっても、昨今は定番のピアノや塾、水泳に加えてプログラミングや英会話など様々な選択肢があります。親の希望、各家庭の方針、子供の意思など、様々な理由により習い事を選択していると思いますが、始めるのも辞めるのも自由、もちろん何もしないのも自由です。今回は文部科学省の「平成30年度 子供の学習費調査」(2018年)から、1年間の子供1人当たりの習い事費用をみてみましょう。よその家庭はどんな習い事にいくらくらいかけているのでしょうか。

続きを読む

学習費総額、私立は年間100万円以上

まず公立小学校です。

公立小学校の子供1人当たりの学習費

学習費総額:32万1,281円
 うち学校教育費:6万3,102円
 うち学校給食費:4万3,728円
 うち学校外活動費:21万4,451円

学習費総額の6割以上を占めるのが「学校外活動費」です。この「学校外活動費」には学習塾費や図書費などの勉強をサポートする「補助学習費」、ピアノやスイミングなどの芸術文化活動やスポーツ・レクリエーション活動などの月謝等費用となる「その他の学校外活動費」が含まれています。次いで私立小学校です。

私立小学校の子供1人当たりの学習費

学習費総額:159万8,691円
 うち学校教育費:90万4,164円
 うち学校給食費:4万7,638円
 うち学校外活動費:64万6,889円

私立になると年間の学習費総額は100万円を超えています。もっとも高いのは「学校教育費」で90万円ほどです。ただ「学校外活動費」も60万円を超えており、公立の「学校外活動費」の約3倍となっています。

学年別の習い事、みんなは何にお金をかけている?

ここからは学年別の「学校外活動費」をみてみましょう。もっともお金をかけているものから順に5番目まで記載しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。