生涯医療費の半分は70歳以降にかかる!「お金と健康の両立」をFPが解説

新型コロナウイルスの影響で、経済的な不安が高まった2020年。一方で、免疫力向上や自粛期間中の筋トレなど、健康にも今まで以上の関心が集まりました。人生100年時代、健康な体があれば働き続けることで生涯年収をアップさせられるというのも、よく言われていることです。

それでは、お金と健康を同時に手に入れるには、具体的にどういったことが必要なのでしょうか。ファイナンシャルプランナーの森文子さんに詳しくお話を伺いました。

続きを読む

老後資金2,000万円よりも怖い!? 「生涯医療費」の問題

森さんは資産形成のための先取り貯金のように、健康なうちからコツコツと健康維持に取り組む“健康貯金”の大切さを説きます。それは、老後資金2,000万円よりも深刻かもしれない「生涯医療費」の問題があるから。

「生涯医療費」とは生まれてから亡くなるまでの医療費のことを指し、厚生労働省が発表した「生涯医療費(平成29年度)」によると、平均の生涯医療費は男性が2,622万円、女性が2,831万円※。また、その生涯医療費の半分が70歳以降に使われているのが明らかになっていることから、いかに若いうちから健康を維持し、老後も元気で過ごすことで医療費をかけずに済むかがわかります。

※現在の医療保険制度における医療費の自己負担は、年齢や収入などの条件により1~3割程度ですので、実際の自己負担額は上記より低くなります。

厚生労働省「令和2年版厚生労働白書」を見ても、日本人の死因の約半分が生活習慣病であることが指摘されています。森さんは「若いうちからの定期的な健康診断受診や規則正しい生活、良質な睡眠と食事など、基本的な健康づくりが将来の資産形成における大きな投資にもなります」と語ります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
秋山 悠紀

早稲田大学文化構想学部卒。女子高でサッカー部に所属。大学卒業後、フリーター、演劇活動、編集プロダクションなどを経て独立。子育てへの不安から1年半の保育園勤務の後、第一子を出産。現在、長男を育てながら社会トレンド、女性の生き方、子育て、旅、ドラマ、映画について、「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか「MONEY PLUS」「アーバン ライフ メトロ」「ママスタセレクト」などに執筆中。