子どもを危険から守りたい…キッズケータイ以上スマホ未満のプレスマホ「Hamic POCKET」の特徴は?

copy URL

このように、親が“見守り”として使いたいキッズケータイと、子どもが欲しくなる“便利な”スマホ双方のメリットを取り入れたとされるのがプレスマホ「Hamic POCKET」。端末価格は1万5千円(税別、以下同)、月額基本料は1000円(ベーシックプラン、データ通信1GB付き)で、2021年1月からオンライン発売されます。

「Hamic POCKET」のホーム画面には、カメラ、写真アルバム、親子や友達とのコミュニケーションツール「Hamicアプリ」、ネット検索スペースを表示。また、付帯されている防犯ブザーは誤動作が起きにくい引っ張り型が採用されており、防犯ブザーが鳴るとあらかじめ設定したスマホ(親の端末など)に位置情報と通知が届くようになっています。

電話番号を必要としない専用アプリでスマホリテラシーを向上させる目的も

同社による独自のコミュニケーションアプリ「Hamicアプリ」は、親の端末に入っているアプリに見守り機能を付与。またLINEなどの既存のアプリとは異なり、電話番号を必要としません。

この点について同社は「まったく知らない人からの着信を受けることがないため、着信に伴うリスクがありません。すべてが自由な状態ではなく、限られた世界でネットワークを体験できることが、安心安全を確保するためにもスマホリテラシーを自然に身につけてもらうためにも重要と考えています」と補足説明していました。

親にとっての安心と子どもが使いたがる利便性を両立させつつも、子どものスマホリテラシーを向上させることに重きを置いたという同製品。「Hamicアプリ」だけでなく、インストールの承認、利用しすぎ防止、フィルタリングといった端末の利用管理が可能なGoogleファミリーリンクが搭載されている点にも注目です。

子ども自身が知らず知らずのうちに危険な使い方をすることを抑止してくれることはもちろん、小学校低学年のうちから親子間で使い方に関するルール作りやすり合わせなどのコミュニケーションが取れ、自然とリテラシーが高まっていく仕組みを狙いとしたそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
秋山 悠紀

早稲田大学文化構想学部卒。女子高でサッカー部に所属。大学卒業後、フリーター、演劇活動、編集プロダクションなどを経て独立。子育てへの不安から1年半の保育園勤務の後、第一子を出産。現在、長男を育てながら社会トレンド、女性の生き方、子育て、旅、ドラマ、映画について、「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか「MONEY PLUS」「アーバン ライフ メトロ」「ママスタセレクト」などに執筆中。