勤続30年の銀行員が見た「お金が逃げていく人」の特徴

しかし、その後しばらくして、旅館の経営者が代替わりしたのを機に料理長が新しい人に変わりました。やはりMさんの素行が問題となったようです。幸い、この業者さんも取引を再開してもらえ、新社長から「今まですまなかったね」と、以前より好条件で取引してもらえることになりました。

ちなみにMさんは、老舗旅館の料理長まで務めたにもかかわらず、その後どの旅館からも声がかからず、雇ってもらえなかったそうです。周囲の幸せを顧みないことが仇となってしまったのでしょう。

相手の幸せを考えられない人

これは道徳とか、スピリチュアルな話ではなく、言葉そのままの意味です。自分本位で相手の幸せを考えられない人は、お金に嫌われてしまいます。

これは人と人との関係だけでなく、仕事や会社、そして一般社会にも通じるのではないでしょうか。たとえば、銀行が自社の儲けを優先し、お客様に犠牲や負担を強いるようなことはあってはならないことですし、もし銀行がそのように動けばお客様は自然と離れていくでしょう。

銀行員の教科書にも「顧客と喜びを分かち合えたら、銀行員冥利に尽きる」とあります。私も銀行員生活の中で、お客様から「あなたに担当してもらって良かった」「あなたには助けられたよ」と言っていただいた時には、銀行員冥利を実感したものです。

「事業」という言葉を英訳すると「ビジネス(Business)」になりますが、とはいってもあまりにも「ビジネスライク」というのは考えものですね。取引している相手を大事に思えなくなったら、その事業は上手くいくはずがありません。

目の前の相手の幸せを考える…シンプルですが全ての人間関係に通ずるのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

勤続30年の現役銀行員。金融ライター。
銀行員として数え切れないほどのお客様と会い、相談に乗り、一緒に悩んだ経験では誰にも負けない自信があります。
取り組んでいく記事も、そんな一介の銀行員目線で書いています。