会社員の貯蓄、大企業と中小企業でどれくらい違う?

総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2019年(令和元年)平均結果―(二人以上の世帯)」によると、二人以上世帯のうち勤労者世帯の貯蓄現在高は1,376万円で、負債現在高は855万円となっています。ここでは世帯主の勤め先の企業規模別に貯蓄額をみていきます。

勤め先の企業規模別、年収はどれくらい?

世帯主の勤める企業の規模によって、年間収入も異なってくると思います。家計調査では以下のようになっています。

続きを読む

勤め先の企業規模別の年間収入

10~29人:593万円
30~99人:627万円
100~299人:698万円
300~499人:744万円
500~999人:746万円
1,000人以上:857万円
官公:856万円
平均:736万円

「1,000人以上」と「官公」は800万円を超えています。一方30人までの企業規模となると、600万円ほどとなっています。年収差は260万円ほどとなっています。もし家族構成や消費支出にそこまで大きな違いがなければ、これが貯蓄差へとつながるのでしょうか。以下では貯蓄額についてみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。