「変化はチャンス」コロナ禍をビジネスチャンスに変える”ストック思考”の要点

新型コロナウイルス対策として、テレビのニュースやバラエティ番組で出演者がオンライン会議風の分割画面で登場することが多くなりました。

最初のころは「工夫しているなあ」と感心して見てたのですが、今ではなぜか耐えられなくなって、テレビで分割画面が始まると即、消してしまいます。普段の仕事でもZOOMなどオンライン会議の分割画面が増えたせいもあるのかもしれませんが、仕事のときは”分割画面アレルギー反応”は出ません。

続きを読む

この現象を客観的に見ると、もしかしたらこうした感情は自分だけではないのではないか、という考えに至ります。「人の欲求」こそがビジネスチャンスなので、この拒絶反応には新たなサービスの種が隠れている気がします。

コロナ禍で改めて「ストックビジネス」を考える

このように、いつも長期的視点で世の中を眺めて不具合を見つけ、そこにストック性があるかを探し、将来事業化できるようなサービスを考え出してきました。筆者はこれがもう習慣になっています。

冒頭に”分割画面アレルギー”のことを書いたのも、俗に言う「ウィズコロナ」という状態を長期的視点で見たときに、何かビジネスチャンスはないか、ストックビジネスを生み出すことができないかと考えているからです。

では、ストックビジネスとは何か。一言で言うと「継続的に収益を生み、資産価値を上げ続ける仕組み」のあるビジネスのことです。以下のように、フロービジネスとの対比をするとわかりやすいと思います。

ストックビジネス:連続性があり時間経過とともに収益が積みあがるタイプのビジネス
フロービジネス:常に新規の取引の連続で成り立っているビジネス

SARS、リーマンショック、新型インフル、東日本大震災など、振り返ってみると3年間隔くらいで何か大きな問題があり、5年に一度は会社経営を揺るがすような出来事があります。

会社経営をするならば、5年に一度は想定外レベルのことが起こる前提でやらなければならないのではないかとさえ思うようになりました。何があってもこれが平時なんだと割り切った経営、利益を5年に一度吐き出しても健全経営を続けられる会社にしておかなければ安心できないというのが現実です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
大竹 啓裕
  • 大竹 啓裕
  • 株式会社ハッチ・ワーク 代表取締役会長兼CEO

福島県出身。20代はセコム株式会社にて理想的なストックビジネスの原点を経験、その後、30歳でラーメンFCチェーンの創業メンバーとして参画、ラーメンFCとしては全国一位となる約300店のストックビジネスモデル構築の原動力となる。
40代は(株)ハッチ・ワークにて貸会議室「アットビジネスセンター」や月極駐車場探し「アットパーキング」にて国内オンリーワンのサービスを次々開発して事業拡大する。これまでの新規事業立ち上げは20事業以上。
ストックビジネスアカデミー(経営研究機関)にて長期的に成長する経営メソッドを研究。
近著に『ストックビジネスの教科書』(ポプラ社)、『ストックビジネスの教科書 プロフェッショナル』(ポプラ社)がある。


ビジネスに関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。
問合せ先:ストックビジネス〜大竹啓裕の公式サイト〜