あなたの預金は一体どうなる? 現役銀行員が教える「休眠預金」の行方

最近、何かと耳にする機会が増えた「休眠預金」。たとえば、2020年5月20日付の朝日新聞※では「公益活動をするNPO法人などへの休眠預金を活用した助成金について、政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急対応として、臨時に数十億円規模を増やす方針を決めた」と報じています。

そもそも休眠預金とは、私たちの生活にどのように影響してくるのでしょうか。今回は、そういった「休眠預金」に関する疑問を、現役銀行員である著者がやさしく解説していきます。

続きを読む

※「休眠預金使ったNPOへの助成金、増額へ コロナ対応」(朝日新聞デジタル)

「休眠預金」とは?

休眠預金とは、10年以上動きのない預金のことです。他にも様々な定義や、休眠預金になる条件などありますが、まずは「10年以上動きがない預金」とイメージしてください。

休眠預金を、預金の状態で示すなら「預金者等が名乗りを上げないまま、10年間放置された預金」とも言えます。休眠預金は毎年1,200億円程度発生し、500億円程度は払い戻しされるので、差引くと1年で700億円の休眠預金が生まれていることになります(平成26~28年度の水準)。毎年700億円とはちょっと信じがたい金額ですね。

では次に、休眠預金を4つの特徴にわけて説明していきましょう。

休眠預金の特徴1:異動「預金者が名乗りを上げない預金」

異動とは「預金者が、今後も預貯金を利用する意思を表示したと認められる取引」のことです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

勤続30年の現役銀行員。金融ライター。
銀行員として数え切れないほどのお客様と会い、相談に乗り、一緒に悩んだ経験では誰にも負けない自信があります。
取り組んでいく記事も、そんな一介の銀行員目線で書いています。