コロナ禍でお葬式はどう変わった? 無料で利用できる「オンライン参列」も

人々の働き方や生活様式などに、さまざまな新しい価値観を生み出している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。これまで人と人が直接顔を合わせていた多くのサービスがオンライン型に切り替わっており、私たちが“デジタル化”に対して感じるハードルもどんどん下がってきています。

そんな中、墓所・墓石の販売や葬祭業、仏壇・仏具の販売などを手掛ける株式会社メモリアルアートの大野屋が「大野屋のお葬式オンライン参列」を6月23日にスタート。離れた場所でも故人と最期のお別れができる同サービスの企画意図やコロナ禍における葬儀業界の状況について、同社経営企画本部 広報室室長の上原ちひろさんに聞きました。

続きを読む

SNSやメールでお悔やみページが共有される「オンライン参列」

同社で葬儀を行う場合であれば、喪主も遺族も無料で利用できる「大野屋のお葬式オンライン参列」。葬儀場内の「密」を避けられるだけでなく、入院中だったり海外在住だったりと参列が難しい人でも故人を見送ることができるサービスです。

参列の流れは、まず担当者がお悔やみページを作成し、喪主へURLまたはQRコードを案内。その後、喪主や遺族、故人にゆかりのある人たちへSNSやメールでお悔やみページが共有され、その人たちだけがスマホやPCからお葬式のライブ配信動画を視聴可能です。また、個人の思い出となるメモリアルアルバムも作成され、スマホやPCで無料閲覧できます。

なお、お葬式のライブ配信では、仰々しいカメラや多くのスタッフは用意せず、簡単なタブレットを使って定点撮影するとのこと。実際に参列する喪主や遺族の心情を配慮したサービスとなっています。

コロナ禍で増えた10人以下の家族葬

――新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、葬儀の現場ではどのような対応をされていたのでしょうか?

上原:葬儀部門では、早くから対応マニュアルや医療資材の準備を行っておりました。

コロナ禍だとしても中止にできないのが葬儀です。緊急事態宣言下にはご家族数人だけという小規模な家族葬が多くなりました。通常の家族葬でも故人とごく親しい方も含めて20人から30人ほどが集まるのですが、コロナ禍では10人にも満たないケースが多かったと聞いています。

また複数人が集まって会食を行うことも感染リスクがあるので、折詰のお弁当やグルメギフトカタログを弔問に来られた方にお渡しし、お清めの代わりにさせていただくケースも多くありました。ご法事は、ほとんどの方が延期か中止の選択をされていました。ご納骨は、喪主様とごく近しい遺族の方のみなど少人数で済ませたケースが多かったようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
秋山 悠紀

早稲田大学文化構想学部出身。女子高でサッカー部、フリーター、演劇活動、編集プロダクションなどを経て独立。
子育てへの不安から1年半の保育園勤務の後、第一子を出産。
現在、長男を育てながら女性の生き方、子育て、ジェンダー、社会、旅、ドラマ、映画について執筆中。