ウィズコロナ時代の新ビジネス成功のヒント〜非対面営業の事例から

新型コロナによる緊急事態宣言が全面解除になりました。第二波という言葉も聞きますが、これからも日本人らしい対策で乗り越えていけると期待しています。マスクを着用し、手洗いを励行し、3密を避けながら工夫して生活することにも慣れてきました。

筆者が携わるストックビジネスアカデミー(以下、SBA)は、そこに集う仲間とお互いに気づきを与え合う経営者コミュニティーですが、SBAでもこの2カ月間は対面でのイベントは避けてオンラインを使い、「オープン会議」と題して中小企業の新型コロナ対策について意見を交わす勉強会を開催していました。

続きを読む

これだけ事業環境が急変すると短期思考になりがちです。しかし、焦ってマスク特需のようなものに飛びついて、在庫を抱えて四苦八苦するようなことは避けなければいけません。また、コロナがきっかけのサービスも色々ありますが、それを今後もずっと必要とされるサービスにしていくことが重要です。

コロナがきっかけで拡大するサービス

コロナがきっかけのビジネスで注目されているものの一つは「非対面」に必要なサービスです。

4月27日、「ハンコ、対面、紙」を廃止するために、制度や運用上の見直しを利用者本位で行わなければならない」 という政府指示が出ました。 今回の安倍首相の指示で、”ハンコの牙城”と思われていた金融業界までもが動き始めたところを見ると、この動きは本物だと言えるでしょう。

参考:『金融取引でも「脱ハンコ」、融資の電子契約が急増』(日本経済新聞 電子版 5月26日付)

誰もが「ハンコは必要なの?」と潜在的に思っていたところに、在宅勤務なのに押印のため出社するという不合理がコロナで浮き彫りになりました。この流れは、金融機関と公共機関が「ハンコなし」に動きだしたことで、今回は一気に進みそうです。

そのため、早速ウェブ商談やオンライン契約を提供する会社が増え始めています。しかし、目の前の需要に飛びつくだけではなく、長期的な成功の仕組みつくりも忘れないようにしなければなりません。

今回は、そのために参考になりそうな事例として、筆者も開発にかかわったサービスで、非常にうまくいった事例をお伝えします。それは(株)ハッチ・ワークの「at PARKING 月極パートナーシステム」です。

地味ながら確実な市場を開拓

「月極駐車場」というのは、どこにでもある、あまりにも普通すぎてだれも気に止めないような事業です。そこに着目したのは、地味な事業であるゆえにIT化が遅れていたという点です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
大竹 啓裕
  • 大竹 啓裕
  • 株式会社ハッチ・ワーク
  • 代表取締役会長兼CEO

福島県出身。20代はセコム株式会社にて理想的なストックビジネスの原点を経験、その後、30歳でラーメンFCチェーンの創業メンバーとして参画、ラーメンFCとしては全国一位となる約300店のストックビジネスモデル構築の原動力となる。40代は(株)ハッチ・ワークにて貸会議室「アットビジネスセンター」や月極駐車場探し「アットパーキング」にて国内オンリーワンのサービスを次々開発して事業拡大する。これまでの新規事業立ち上げは20事業以上。ストックビジネスアカデミー(経営研究機関)にて長期的に成長する経営メソッドを研究。近著に『ストックビジネスの教科書』(ポプラ社)、『ストックビジネスの教科書 プロフェッショナル』(ポプラ社)がある。ビジネスに関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。問合せ先:ストックビジネス〜大竹啓裕の公式サイト〜