サラリーマンの年金額はいくらか

まとめ

このように、厚生年金保険の男子の平均は約16万円であり、これがサラリーマンの平均年金額と捉えることができます。妻が専業主婦の場合、国民年金の女性平均である約5万円を足すと、世帯合計は約21万円となります。

なお、先ほどの金融庁レポートでは、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯を前提に「家計の毎月の赤字が約5万円」と示されています。その際の実収入が20万9198円、そのうち社会保険給付は19万1880円です。平均の年金額をもとにすると、たしかに一致する金額です。

しかし、共働き世帯の増加に伴い、年金収入が上がると期待する声もあります。また、勤務先次第ではあるものの、定年退職時には退職金をもらえるケースもあります。金融庁レポートはあくまでも平均像であるため、世帯ごとの老後資金は、それまでの夫婦の就業状況や退職金の有無を考慮する必要があるでしょう。

参考

「厚生年金保険・国民年金事業の概況」厚生労働省
「年金って、どれくらいの人が払ってるの?」LIMO
「公務員と会社員の退職金、どれくらい違うの?」LIMO

尾藤ちよ子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。