これから株を始める初心者が絶対に知っておきたいポイント投資

しっかりと利益をだしているよい会社なら、「その会社の株を買いたい」という人が増え、株価(株の値段)は上がります。そして株価が上がったところで売却すれば、差額が儲けになるのです。

株式投資3つの魅力

株式投資の利益には、1.キャピタルゲインである「値上がり益」と、2.インカムゲインである「配当」、3.「株主優待」があります。それぞれ詳しく解説します。

【その1】値上がり益

値上がり益とは、株を買った値段よりも高い値段で売ることによって得られる利益。タイミングを見極めて売却すれば、配当や株主優待などのインカムゲインとは比べものにならないくらい大きな利益を得られます。

ちなみに、「株式投資」というと、この値上がり益を思い浮かべる人が多いかもしれませんね。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

【その2】配当

配当とは会社の利益を株主に分配するもので、株主総会で「1株あたりいくら」と金額が決められていて、定期的に受け取ることができます。日本の場合、年に1回または2回実施する企業がほとんどです。

定期的に高い配当をだす企業は投資家にとって魅力が高いため、配当に力を入れている企業はたくさんあります。しかし、会社の業績によって配当は毎年見直されるので、来年以降も同じ金額が続くかどうかはわかりません。

業績が伸びれば配当は増えますが、業績が悪化すれば配当は減る恐れがあります。ですから配当を狙う場合は、業績が安定している会社を選ぶべきです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。