公務員と会社員の退職金、どれくらい違うの?

総務省の「平成30年地方公務員給与の実態」によると、平成29年度(2017年)中に退職手当を支給された者(全職種)1人当たりの平均支給額は、1,061万円となっています。団体区分別では、

都道府県:893万円
指定都市:1,252万円
市:1,409万円
町村:1,419万円
特別区:1,617万円

となっています。
また、職員区分別では、

一般職員:1,433万円
教員公務員:787万円
警察官:1,863万円

となっています。

ここで、一般職員の60歳の定年退職者(勤続25年以上、応募認定退職者を含む)の退職手当額を団体区分別にみてみましょう。

全地方公共団体:2,193万円
都道府県:2,210万円
指定都市:2,203万円
市:2,200万円
町村:2,084万円

大学・大学院卒(管理・事務・技術職)の定年退職者の平均退職給付額は1,983万円でしたが、すべてそれ以上となっています。単純比較はできませんが、平均的には会社員よりも手当額が高いといえそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。