勤続30年の銀行員が見た「お金が寄ってくる人」の特徴

私は勤続30年の現役銀行員です。これまで仕事を通して、それこそ数え切れないくらいさまざまな人を見てきました。

そうした人の中にはなぜか「お金にモテる人」つまりお金のほうから寄ってくる人と、反対にお金が去っていってしまう「お金にモテない人」がいることに気がつきました。そこで今回はまず、「お金にモテる人」の特徴についてお話ししていこうと思います。

これは教訓、自己啓発あるいはスピリチュアル的な話しではなく、私が実際に出会ったお客様のお話です。「この人はお金にモテるから、だからお金持ちなんだなあ」と感じた実例なので、皆さんもお金との付き合い方を考える際の参考にしてみてください。

続きを読む

銀行員が見たお金にモテる人~「吸引力」でお金が向こうから寄ってくる人がいた!

これは、地方の支店勤務時代に出会ったお客様の話です。

20代後半の男性で、代々続く地場産品加工業(道の駅で「〇〇漬」などのネーミングで売っている農産加工品をイメージしてください)の次期社長でした。ここでは、この方をAさんとしましょう。

Aさんとは事業資金融資の申込みで会ってから、実に長い付き合いになりました。それはなぜかというと、Aさんの人柄に惹かれ、銀行員としてだけでなく人として力になりたいと思い、事業の発展を見ながら苦楽をともにしてきたからです。

本来、銀行員は特定の顧客に感情的肩入れをし過ぎてはいけないのですが、気がつけばそのような特別な思いを持っている自分がいました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

勤続30年の現役銀行員。金融ライター。
銀行員として数え切れないほどのお客様と会い、相談に乗り、一緒に悩んだ経験では誰にも負けない自信があります。
取り組んでいく記事も、そんな一介の銀行員目線で書いています。