これからの中小企業の生き残り策は「共創戦略」しかない!

成長し続けるビジネスの仕組みである「ストックビジネス」についてお伝えしていく本シリーズ。今回は、これから中小企業が生き残っていくために必須となる「共創」というキーワードについて考えてみます。

共創モデルが事業成功のカギ

私が主催するストックビジネスアカデミー(SBA)には、「ストックビジネス実践会」というプログラムがあります。これはストックビジネスの基礎を学んだSBA会員が、「ストック思考」を使い、実際に「ストックビジネスを構築するための場」として誕生したものです。

続きを読む

今年のストックビジネス実践会で印象に残ったのは、美容院をネットワークして「シャンプー・ブローの通い放題サービス」という新価値を提供するプラットフォーム企業、MEZONです(参考:『サブスク”サービス成功のカギ〜シャンプー・ブロー通い放題の事例から』)。

なぜMEZONが成功したのかといえば、アイデアはもちろんですが、顧客となる美容院と、もう一方の顧客となる利用者を巻き込んで作り上げた共創モデルだということがあります。

共創モデルだからこそ、ものすごいスピードでビジネスが立ち上がったのですが、その根底にあるのが共創を受け入れるオープンな姿勢でした。

もはや良いサービスを作れば成功するという時代ではなくなっています。たとえ一時的に成功してもそのあとが続きにくい。皆さんは製品寿命、サービスの賞味期限が短くなったと思いませんか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
大竹 啓裕
  • 大竹 啓裕
  • 株式会社ハッチ・ワーク 代表取締役会長兼CEO

福島県出身。20代はセコム株式会社にて理想的なストックビジネスの原点を経験、その後、30歳でラーメンFCチェーンの創業メンバーとして参画、ラーメンFCとしては全国一位となる約300店のストックビジネスモデル構築の原動力となる。
40代は(株)ハッチ・ワークにて貸会議室「アットビジネスセンター」や月極駐車場探し「アットパーキング」にて国内オンリーワンのサービスを次々開発して事業拡大する。これまでの新規事業立ち上げは20事業以上。
ストックビジネスアカデミー(経営研究機関)にて長期的に成長する経営メソッドを研究。
近著に『ストックビジネスの教科書』(ポプラ社)、『ストックビジネスの教科書 プロフェッショナル』(ポプラ社)がある。


ビジネスに関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。
問合せ先:ストックビジネス〜大竹啓裕の公式サイト〜