年収1000万円でも貯蓄ゼロ世帯が1割!? 老後に向けて貯める方法とは

「老後2000万円問題」で話題となった金融庁の報告書(2019年6月)により、老後への備えとして資産形成が注目されています。

厚生労働省の簡易生命表(令和元年7月発表)によると、日本人の平均寿命は男性81.25年、女性87.32年となり過去最高を更新しました。

現在60歳の約4分の1が95歳まで生きるという試算もあり、まさに「人生100年時代」を迎えています。長生きするほど資産が減り、老後に困窮するという「長生きリスク」を意識している人が増えているのです。

続きを読む

この記事では、将来に備えて資産形成をするにはどのようにしたらいいのか、特に40代以下の若年層に焦点をあてて解説します。

貯蓄は世代間格差・収入間格差がある

総務省の家計調査報告(2018年度)では、二人以上の世帯における1世帯当たり貯蓄現在高の平均値は1,752万円。年間収入は622万円で、貯蓄年収比(貯蓄現在高の年間収入に対する比率)は281.7%でした。

それでは、世代別の貯蓄現在高を確認しましょう。以下の表をご覧ください。二人以上の世帯について、1世帯当たり貯蓄現在高を見ると、40歳未満の世帯が600万円と最も少なく、60歳以上は2,000万円を超えています。さらに、50歳未満の世帯では、負債現在高が貯蓄現在高を上回っている状況です。


このように、金融資産が高齢者に偏在するという「世代間格差」が存在していることがわかります。また、現役世代でも金融資産保有のバラツキは大きくなっています。

二人以上の勤労者世帯の年間収入5分位階級別貯蓄、負債現在高は以下の通りです。


第Ⅰ階級は平均年齢50.8歳 収入が325万円未満
第Ⅱ階級は平均年齢48.0歳 収入325~452万円
第Ⅲ階級は平均年齢48.3歳 収入452~617万円
第Ⅳ階級は平均年齢49.3歳 収入617~861万円
第Ⅴ階級は平均年齢51.1歳 収入861万円~

このように、所得が増えるほど貯蓄現在高も増えていることがわかります。第Ⅴ階級(年収861万円~)の世代では、2,000万円を超えています。

年収1000万円以上でも「貯蓄ゼロ」が1割

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。