成長し続けるビジネスの仕組みである「ストックビジネス」についてお伝えしていく本シリーズ。今回は、自分がやろうとしている事業がストックビジネスになり得るのか、その見極め方について紹介します。

ストックビジネスになり得る要素の探し方

8月からストックビジネスの体験会というイベントを行っています。参加者からの質問にその場で応えながら、ストックビジネスの可能性診断をするものです。

その場で「大竹さんは、なぜその事業が将来ストックになるのかがわかるのですか?」という質問がありましたので、今回はそのコツについて簡単にお伝えしたいと思います。

まず最初することは、ストックビジネスになる要素があるかどうかを見ることです。要素がない、もしくは少ないのであれば、その事業そのものではなく、その事業の周辺に作れないかを考えます。

ストックビジネスになり得る要素探しのアプローチは以下の通りです。

(1)そのサービスがお客様に提供してい価値は、単発ではなく継続する価値になっているか?

ストックビジネスの最小ユニットという考え方があるのですが、お客様が受ける1つのサービスが提供する価値に、連続性の要素があるのかを判断します。

そこでストックになる要素があったら、次はこう考えます。

(2)続ければ続けるほど楽になる可能性はあるのか?

ビジネスとはお客様の困り事を解決するものですから、最初は思い付きやアイデアも大切です。

「こんなサービスなら絶対に喜んでくれる顧客がいる!」

社長のこんな思いが最初の一歩のはずですね。社長の想いは熱い方がいい。そのエネルギーこそ会社の原動力ですから、事業はこの想いを起点にするのが最も成功します。

しかし、その事業がストックビジネスならいいですが、常に新規の取引で成り立つフロービジネスのままだと何年続けても楽にならず疲弊してきます。

もたもたして2年も経てば、マネをする会社も現れて価格競争も始まり、利益が少なくなり始めます。そのころには、創業期のお客様の中に他社に乗り換える事例も出始めます。

そうなると集客にお金をかけざるを得なくなり、利益がますます落ち始めるので、やむなく社長自身が汗して稼ぐしかなくなってしまうのです。

ストックビジネスがつくりやすいかどうかを見極めるポイント

こうならないために、続ければ続けるほど楽になる要素を探していきます。