貯蓄把握してなくても、しあわせ!?現代夫婦のお金事情

共働き夫婦が増加している昨今、お互いの収入や貯蓄額について夫婦で話し合う機会はありますか?「忙しくてそんな機会ない」という方もいるかもしれません。

お互いの金銭事情がクリアになっていた方が、先の見通しも立てやすく、貯蓄を増やしやすい傾向にあります。イマドキ夫婦はパートナーの収入や貯蓄を知っているのでしょうか?

お互いの収入、知っていますか?

ゲンナイ製薬㈱は2019年3月15日~19日まで、既婚女性1917名に対し「夫婦の収入と貯蓄額に関するアンケート調査」を行いました。これによると、「ご主人の収入を正確にご存じですか?」との質問に対して、「知っている」が67.3%、「知らない」が32.7%となりました。また「あなたの収入をご主人はご存じですか?」については、「知っている」が68.3%、「知らない」が31.7%と同じような結果になりました。

続きを読む

7割近くの夫婦が、お互いの収入を正確に把握しているようです。また「夫婦の家計管理は主にどなたが行っていますか?」との質問に対して、「妻(自分)」がもっとも多く45.2%、次いで「共同」が38.8%、「夫」が16%という結果に。

半数近くの夫婦が、家計のやりくりは妻1人で行っているようですね。夫の給料明細書など、妻がしっかり確認している夫婦が多いのかもしれません。また「共同」で家計管理している夫婦も約4割と、わりと多い印象です。共働き夫婦の増加による影響もありそうです。

家計の貯蓄額を正確に知っている夫はレア!?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。