過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」の抱える闇

ビジネス、今日のひとネタ

愛らしいコツメカワウソ(写真は本文とは関係ありません)

街中で見ない日はないほど日本中で人気を集めている、「ゆるいマスコットキャラクター」こと「ゆるキャラ」。

そのうちのひとつである「ちぃたん☆」というゆるキャラに注目が集まっているのを、みなさんはご存知でしょうか。

フォロワー133万人の「ちぃたん☆」とは?

「ちぃたん☆」とは、一匹の実在のコツメカワウソ「ちぃたん☆」をモデルにした、「コツメカワウソの妖精」を名乗るキャラクターです。

2017年に東京の芸能事務所「クリーブラッツ」の関係者が、自身の飼育するコツメカワウソ「ちぃたん☆」の動画をTwitter上にアップしたところ「かわいい」と話題になったことがきっかけで、「クリーブラッツ」がキャラクター化を企画し、ゆるキャラとしての「ちぃたん☆」が誕生しました。

続きを読む

ゆるキャラの「ちぃたん☆」は、車を横倒しにしたり草刈り機を振り回したりといった破天荒な行動を収めた動画をネット上に多くアップしました。すると、可愛い見た目と過激動画のギャップが注目を集め、現在ではYouTubeのチャンネル登録者数28万人、Twitterのフォロワー数は133万人を突破しています。

またこうした人気が企業からも注目され、コラボカフェの開催や女性向け雑誌「Popteen」の専属モデルになるなど、さまざまな場面で活躍しています。

高知・須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」とそっくり!?

こうして絶大な人気を誇っている「ちぃたん☆」ですが、一方でとある自治体とのトラブルが問題になっています。

それは、高知県須崎市とその公式マスコットキャラクター「しんじょう君」です。

「しんじょう君」とは、須崎市を流れる新荘川で最後に確認されたあと絶滅してしまった二ホンカワウソをモデルにしたゆるキャラで、公募でデザインが選ばれて2013年4月から活動しています。2016年にはゆるキャラグランプリで優勝しており、2017年9月には商標登録が認められました。

「ちぃたん☆」と「しんじょう君」はパッと見てすぐわかるほどそっくりなキャラクターです。これは、「ちぃたん☆」が「しんじょう君」と同じデザイナーを起用して「しんじょう君」にそっくりなキャラクターとして制作されたからです。

「ちぃたん☆」が観光大使から解任

「しんじょう君」と「ちぃたん☆」との関係は、2018年1月にカワウソの「ちぃたん☆」が須崎市の観光大使に就任したことに始まります。

ゆるキャラの「ちぃたん☆」はカワウソの「ちぃたん☆」と同一の存在として「自称観光大使」を名乗るようになりました。

須崎市はこれを黙認していましたが、「ちぃたん☆」の知名度が上がるにつれて「ちぃたん☆」の危険な動画に対するクレームが須崎市の方に殺到するようになりました。これを受けて、2019年1月17日、須崎市はカワウソの「ちぃたん☆」を観光大使から解任しました。

須崎市から「活動停止要請」が

また、「クリーブラッツ」が須崎市に無断で、国内外で「ちぃたん☆」の商標登録を申請していたことが発覚しました。

この申請は「デザインが『しんじょう君』に酷似している」として拒絶されていますが、このことを受けて須崎市は2月6日、「クリーブラッツ」に対して著作権法および不正競争防止法違反として1月17日にゆるキャラの「活動停止」を要請したことを発表しました。

そしてその要請後も活動が停止されなかったことから、2月1日には「ちぃたん☆」とのコラボを行っている各関係者に対し、同様の内容を通知したそうです。

須崎市の楠瀬耕作市長は記者会見で「著作権は市民の財産。訴訟も選択肢の一つだ。ただちに活動をやめてほしい」と述べています。

ネット上でも変わった風向き

今年1月に「ちぃたん☆」が須崎市観光大使から解任されたことが報道されると、はじめSNS上では「なぜ今さら?」「有名になったら潰すのか」などと須崎市に対しての批判が多く上がりました。これは本家のキャラクターである「しんじょう君」に比べて「ちぃたん☆」のほうが知名度が高く、「しんじょう君」のほうがパクリなのではないかと勘違いされたことも理由の一つにあったようです。

しかし須崎市と「クリーブラッツ」をめぐる一連のトラブルが明らかになるにつれ、須崎市の主張のほうが正しいとする意見が増え始めました。

「クリーブラッツに利用されて振り回されて、須崎市がかわいそう」
「問題になっているのに無視して動画を配信し続ける『ちぃたん☆』の態度はさすがに目に余る」

など、須崎市に同情的な意見もTwitter上には多く見られます。

そして2月に入ると、須崎市が活動停止請求を通知したことにより、各企業と「ちぃたん☆」とのコラボ企画が次々に見送られるようになり、ついに15日には4月3日からテレビ東京にて放送予定だったアニメ「妖精ちぃたん☆」の放送が見合わせになったと発表されました。

著作権侵害騒動によって関係に大きく溝が開いてしまった「ちぃたん☆」と「しんじょう君」ですが、なんとかうまく問題が解決して、2匹の関係も改善されるといいですね。

クロスメディア・パブリッシング

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。