春に重宝します! 持っておくべき黒トップス5選

2月も中盤に差し掛かり、暦の上では「春」が到来。真っ先に春色アイテムに飛び込みたいところですが、まずは使い勝手の良い黒から手を付けてみては。

というわけで今回は春に使える、黒トップスをご紹介。需要も高いであろうアイテムを揃えましたので、ぜひご参考にしてみてください。

シンプルに、上品に

ほどよい厚みと軽さが特徴のダンボール生地を使った一着。スウェット生地を使った一般的なそれとは異なる、ふわっとした着用感は病みつきになるほどとか。

続きを読む

スウェットならではのカジュアル感を持っていながら、上品な着こなしにも適応可。春のみならず、この時期から着られるので今のうちに。

  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

ドカっと大きいシルエット

無駄なデザインは一切ない、使いやすさを重視したシンプルなスウェット。ビッグシルエットとラグランスリーブが採用されており、快適な着心地を演出しています。

着れば着るほど、表面に味が出てきてヴィンテージ感のある雰囲気にもなっていくので自分好みに着倒してください。

ロンTは特に使えますよ

スウェットと並び、春に重宝するのがロンT。スウェットよりも着膨れせずレイヤードスタイルにもってこいです。『ANITYA』の一着は、やや厚手の生地を使ったシンプルなもの。

細部を見ると、モックネックのように少し立ち上がった襟元やカットオフされたラグランの切り返しなど、遊び心がチラホラ。シンプルじゃ味気ないとお思いの方はぜひ。

一着持っておきたいブランドアイテム

いま飛ぶ鳥を落とす勢いの『AURALEE』。同ブランドアイテムを着たことがある方なら、その品質の高さはもはや説明不要。着たことがない方も、ひとたび袖を通したらイチコロです。

そんなブランドがリリースするこちらの畔編みニットも例に漏れず、イチコロの出来。とかく着心地が良いので、ぜひ一度お試しを。

魅力的な刺繍とディテール

存在感を放つ刺繍があしらわれているのは、『licht bestreben』の一着。そんな一際目を引く刺繍は20万針と繊細に打ち込まれおり、その完成度はもはや芸術の域。

また、袖口には永久に消えないシワをイメージした3Dタックが施されており、既視感のない新感覚な仕上がり。コーディネートにモードな雰囲気を取り入れられますよ。

あとがき

春に使える黒スウェットをご紹介しました。ここでは「春に」などと言っておりますが、インナーとして使うことも考えれば春・秋・冬の3シーズン使えるので、持っていない、足りていないという方はここらでゲットしておきましょう!

FACY

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。