なぜドラマの仕事ができる女は不愛想で無感情なのか?

「家売るオンナの逆襲」を見て考えた

現在、日本テレビ系列で毎週水曜放送のドラマ「家売るオンナの逆襲」が、前作の「家売るオンナ」に続き高視聴率をキープ中。北川景子さん演じるスーパー営業ウーマンの三軒家万智が、型破りな方法でどんどん家を売っていく姿は、相変わらず大人気となっています。

こうした“無感情だけど仕事はバリバリできる女性”がドラマで描かれることは多いものの、やや現実離れしすぎているとも感じます。なぜ、ドラマではこのようなイメージで描かれ続けるのでしょうか。

続きを読む
  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

ロボット的なバリキャリ女性は大人気ドラマの必須要素?

「家売るオンナ」シリーズを観たことがある人にはお馴染みですが、主人公の三軒家万智は仕事はバリバリできるものの、まるでロボットであるかのように不愛想な表情が特徴です。

万智のように“不愛想で無感情だけど仕事がバリバリできる女性”については、最近では2018年10月期放送の「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」および「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」シリーズの小鳥遊翔子と大門未知子(米倉涼子さん)、2018年7月期放送の「義母と娘のブルース」の岩木亜希子(綾瀬はるかさん)などが記憶に新しいところ。

不愛想で無感情という要素は、人とのコミュニケーションや恋愛、結婚にも深く繋がっており、「義母と娘のブルース」ではロボットのような性格で仕事一筋だった岩木亜希子が、愛や母性に目覚める姿がドラマの大きな肝でした。「家売るオンナの逆襲」でも、三軒家万智がごくたまに覗かせる、夫の屋代課長(仲村トオルさん)への愛情に注目が集まっています。

つまり仕事一筋で、恋愛や結婚、趣味などには縁遠い女性が、仕事以外のことに目覚めたり感情が露になったりする面白さが表現されているのです。

現実のバリキャリ女性はロボットの方が少ない?

かつての働く女性は、会社に就職して働いた後、結婚をするかしないかで大きく二手に分かれました。寿退社によって家庭におさまるか、結婚をせずに働き続け、男性と同じように仕事に邁進するか。上記のドラマは明らかに、後者の女性をイメージしています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
秋山 悠紀

早稲田大学文化構想学部出身。女子高でサッカー部、フリーター、演劇活動、編集プロダクションなどを経て独立。
子育てへの不安から1年半の保育園勤務の後、第一子を出産。
現在、長男を育てながら女性の生き方、子育て、ジェンダー、社会、旅、ドラマ、映画について執筆中。