その節約間違ってない? 生活を豊かにする節約とは

節約に取り組むことを決めた途端、「無駄なものは一切買わないぞ!」と極端な考えになってはいませんか。節約は素晴らしいことですが、一歩間違えると負の連鎖になる危険性も十分あります。

「良かれと思ってしたことが、反対にマイナスになった……」なんてことにならないように、節約の正しい方法をしっかり抑えておきましょう。

9割以上の人が節約を意識している

アサヒグループホールディングス(株)(アサヒグループHD)は2018年に、インターネット上で節約意識の調査を行いました。有効回答数2432人のうち「強く意識している」と回答した人が32%、「まあまあ意識している」が59%と、9割以上の人が節約を意識していることが分かりました。

続きを読む

節約方法については「節電している」が72%と最も多く、次いで「節水している」が54%、「食費を抑えている」が52%となっています。多くの人が「節約」といえば光熱費や食費を抑えることと認識し、実行しているようです。

しかし、節約方法はそれだけではありません。以下では節約の誤った方法やおすすめ法をご紹介します。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

間違った方法その1:人間関係にまつわる節約

友人や身内へのお祝いや贈り物は、時に痛い出費に感じることもありますよね。だからといって、「ご祝儀がもったいない」「高いプレゼントをあげたくない」とケチってしまうのは控えましょう。

人への贈り物は、あなたの品位を表すものでもあります。その場では「安く済んだ」と思っていても、あなたのイメージが損なわれているかもしれません。お金で買えない人間関係だからこそ、節約にこだわらないでおきましょう。

間違った方法その2:自分への投資をやめる

ずっと夢中になっていた習い事を「月謝がもったいない」と辞めてしまったり、興味がある分野があるのに「勉強代を貯金にまわそう」と諦めたりしていませんか。それは、自分の持つ可能性を捨ててしまうことにつながります。

とはいえ、あれこれ手を出し過ぎて中途半端になっていては意味がありません。知識や技術の習得に集中できるよう「習い事は2つまで」など自分の中でルールを決め、そのなかでうまく取り組みましょう。

おすすめの節約方法その1:楽しいと思わない飲み会は断る

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。