おすすめの貯蓄方法をシーン別に考える

世代別にみる貯蓄方法

Billion Photos/Shutterstock.com

一方、交通の便が良くない地域では車は必要不可欠です。世帯で1台ではなく、ひとり1台ということも珍しくない地域もあります。

自動車は住居ほどではありませんが、まとまった金額が必要な買い物です。新しく購入する場合は自動車ローンを組むにしても、事前にある程度の資金があれば安心です。

自動車を消費財としての「ラグジュアリーグッズ」と考えるか、もしくは中古になっても売買できる「アセット」として考えるかでは、自動車に対する見方は変わるかもしれません。しかし、最初に購入する原資は必要です。

大きな病気や怪我などへの不慮の事態への備え

交通事故や病気など、人生には万が一の出来事がつきものです。

もっとも社会保障や生命保険などである程度のリスクは回避することはできます。大きな病気や怪我など不慮の事態への備えとして過剰な準備は不要かと思いますが、家族のためにもある程度の資金準備を考える人もいるのではないでしょうか。

老後資金への備え

年齢にもよりますが、現役世代では老後に向けた資金準備も必要となるでしょう。では、老後にはどのくらいのお金が必要なのでしょうか。

これは現役世代における資金準備と老後の生活水準が大きく影響します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。