おすすめの貯蓄方法をシーン別に考える

世代別にみる貯蓄方法

Billion Photos/Shutterstock.com

貯蓄が必要なのはどのような時なのでしょうか。今回は貯蓄が必要になるケースを考えながら、貯蓄が必要な時に備えるため、働く世代でのおすすめの貯蓄方法をみていきます。

貯蓄はどんな時に必要か

貯蓄が必要なシーンといっても、各世帯の家族構成や年代でも異なってくるでしょう。ここでは、どのようなシーンがあり得るのか、また日常で積極的に考えたい未来像とそうでもないシーンを含めてまず想定してみましょう。

子育て費用は安くない

続きを読む

一口に子育て費用といっても、その内容で金額はことなります。ここでは、子育て費用を教育費と養育費に分けることができるとしましょう。

教育費のうち、特に教育費がかかる「大学進学」についてみると、日本政策金融公庫が発表している内容によれば、国公立大学を4年で卒業をするのに約500万円も必要となります。初年度納付金や学費だけではなく、受験にかかわる費用である受験料、交通費、宿泊費なども必要になります。

もっとも、大学に進学するまでには、幼稚園からはじまり、小学校、中学校、高校とあり、そのプロセスも公立に進学するのか、また私立に進学するのかでも異なります。その間には受験が必要となるケースもあり、塾関連の教育費も必要となってきます。

では、養育費はどうでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。