フェラーリF40はいくら? 日産ケンメリは? オークション落札価格合計は3億338万円

第2回東京オートサロン・オークション with BH Auction

最高額1億1,000万円をつけたフェラーリ『F40』(著者撮影、以下同)

知らない人にはガラクタに見えるものが770万円!

最高額1億1,000万円をつけたフェラーリ『F40』


次に高額予想されたのが、1990年製のフェラーリ『F40』だ。バブル当時は2億5,000万円もの高値で取引され、“走る不動産”とまで言われていたのだが、エスティメイト8,000万円~1億1,000万円に設定され、結果、1億1,000万円で会場にいたビッダーに落札され、今回の最高落札額となった。

日産『SKYLINE 2000 GT-R (KPGC110)』は不成立だった


国産車として最高額のエスティメイトだったのが1973年製の日産『スカイライン2000 GT-R (KPGC110)』だ。通称ケンメリと呼ばれ、わずか197台の生産台数のうち、7台しか生産されなかった赤外装の1台だ。

塗装の補修以外は完全なオリジナルコンディションで、走行距離は1万5,000kmという超レアモデル。エスティメイトは7,500万円~1億500万円だったが、残念ながら不成立となった。他にも1960年製『ダイハツミゼット』や、フォーミュラカーのようなフォルムの2007年製『CAPARO T1』なども不成立となった。

ダイハツ『ミゼット』も残念ながら不成立


ユニークだったのは、1972年製『NISSAN FAIRLADY Z 432 BASE VEHICLE FOR RESTORATION』だろう。Z432のレストアベースとして出品され、S20エンジンはオーバーホールされているとはいえ、このクルマのパーツの価値を知らない人から見たら単なるガラクタに映っただろうが、なんと770万円で落札されていた。

日産『Z432』のレストアベースは770万円で落札された

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

鈴木 博之

出版社で雑誌の編集者を経験したのちフリーランスとして活動。
現在は自動車雑誌をメインに、オウンドメディアやニュース配信サイトでの記事執筆も行っている、マルチ編集・ライター。