【2019年の注目投信】投資信託の5人のプロがおすすめする投信はこれだ!

2019年は荒れ相場に立ち向かい、投資信託を活用して資産形成を確かなものへ

Catalin Grigoriu/Shutterstock.com

ひふみ投信

「運用残高の急増に対応するため組入銘柄数を増やし、米国株の組入れなども行ってきましたが、2018年10月以降はパフォーマンスが悪化しています。この相場の中で、どのように乗り切ろうとしているのか注目しています」

キャピタル・インターナショナル キャピタル世界株式ファンド/コモンズ投信 ザ・2020ビジョン

「明確なビジョンを持って優良企業への選別投資を行っている投資信託」
「一貫した投資哲学に基づいて運用を行う投資信託は、投資対象が異なっても非常に参考になる」

投資信託ならではの良さとは

いかがでしたでしょうか。投資信託は、個人投資家が簡単にアクセスできないアセットクラス(資産の種類)や投資手法やスタイルなどを、使い勝手よく実現してくれる金融商品です。

インデックファンド、アクティブファンドともにそれぞれの特徴をよく理解して、上手に活用できるとよいのではないでしょうか。

2019年はここまで数々指摘されていたように「ボラティリティ」が高い相場というのを前提に向き合うのが良さそうです。値動きも荒いということであれば、投資初心者は腰が引けてしまうかもしれませんが、大きく値が下がったときに買い出動ができるように、ある程度のキャッシュポジションを用意しながら、慎重に相場に向かいたいものです。

【PR】今年こそ!節税して投資をはじめよう

日本株の投資をこれからはじめようという方、また節税をしながら「つみたてNISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」で投資信託をはじめてみたいという方向けに、LIMOではお好みのタイプのネット証券を簡単に検索できる機能を無料でご紹介しています。是非、この機会にご活用下さい。

>> LIMOのネット証券比較の決定版へはこちら

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。