シャリの味変えた「くら寿司」の業績はどう変化したか

注目小売店月次実績シリーズ

kotikoti/Shutterstock.com

お寿司が好きな方で「くら寿司」にはよく通われている方も多いのではないでしょうか。今回は、創業以来41年以来変えてこなかったシャリの味を大胆にも変えた「くら寿司」を運営するくらコーポレーションの決算資料をもとに動向を見て行こうと思います。

2018年8月の既存店売上高はどうだったか

2018年9月5日に発表された2018年8月の既存店売上高は104.2%と対前年同月比で100%を超えました(ちなみに、8月の既存店売上高は、曜日補正を行うと103.5%)。

続きを読む

7月にシャリの味を変えた(名称は「健康黒酢のシャリ」)後の消費者の反応に注目が集まりましたが、順調な滑り出しといえるのではないでしょうか。また、同月には「雪のふわ雪」というかき氷も発売されています。

既存店売上高を2017年11月からみていくと、12月、2018年2月、5月と100%を割れましたが、それ以外の月は100%を超えています。

また、客数と客単価の内訳をみると、客単価はすべての月で100%を超えていますが、客数はすべての月で100%を割っています。

2018年10月期Q3決算はどうであったか

9月6日に発表された2018年10月期Q3(累計)は、対前年同期比で売上高は+8%増、営業利益は同+21%増、親会社株主に帰属する四半期純利益(以下、純利益)は同+13%増となり、増収増益となりました。

通期計画に対する進捗率は、売上高77%、営業利益76%、純利益77%であり、順調な進捗を見せています。尚、会社による通期の連結業績予想の変更はありません。天候の影響が通期の決算にどのような数字となって現れるのか、Q4から目が離せません。

青山 諭志

ニュースレター

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。