ちょっとしたお出かけに! カジュアルスタイルに映える「バックパック」5選

荷物が多くなった日はバックパックで

いま人気のバックパックスタイル。カジュアルでもキレイめでも活躍してくれる優れものですが、アウトドア出身のアイテムだけに「ゴツい」見た目はちょっと苦手という人も多いはず。

そんな方のために、今回はショップスタッフおすすめの「ちょっとしたお出かけに使えるバックパック」をピックアップ。普段使いに最適でファッショナブルなアイテムが揃ったのでぜひご覧ください!

ミニマルだけどちゃんと「使える」

続きを読む

大きすぎないサイズ感ながら、想像以上の収納力でデイリーにも活躍してくれるanello(アネロ)のバックパック。

「こだわりすぎず、ちょっとしたポイントがあって、直感で欲しいと感じてもらえる」というブランドのコンセプト通り、シンプルなデザインにアクセントとして機能しているポケットが日常に利便性を与えてくれます。

しなやかな素材でクールに

どんなスタイリングにも合う無駄のないシンプルなデザイン。メインの開け口は奥まで手を入れなくても中が分かるくらい大きく開くのがポイント。

しなやかさと軽さを追求したクールなバックパックなので、旅行や遠方に遊びに行く時などにも便利です。

「程よい」が日常使いにフィット

定番のデイパックのデザインをベージュとホワイトの配色で爽やかに仕上げたthinq(シンク)のバックパック。普通だけど普通じゃないデザインは、内部にノートPC用のポケットを配備した点にも現れています。

またこの白の部分、夏にピッタリなメッシュ素材で仕上げているのもポイント。サイズ感とデザイン性の「程よさ」で日常にスッと馴染んでくれます。

レジャーで使える北欧デザイン

北欧らしいデザインで女性の普段使いをアシストしてくれるのがSANDQVIST(サンドクヴィスト)のバックパック。素材に撥水加工を施した、雨の日でも頼れる相棒です。

デザインはフロントのジップポケット以外最小限に留めており、カジュアルからキレイめまでの幅広いコーデで使えるのも魅力的です。

丸く描いたフォルムが女性らしい

シックなSISE×PORTERのバックパック。細かいパーツに到るまでブラックで統一させた都会的な一品ですが、丸く描いたカーブで女性らしい柔和な印象も持ち合わせています。

余計な装飾がない分、コーディネートを気にせず持ち歩けるのも魅力的。また、老舗バッグブランドに携わる職人が作り上げた確かな作りというのも高ポイントです。

あとがき

日常使いのポイントはやっぱり大きすぎないこと。大きすぎるだけでアウトドア感が出てしまうので、普段使いのバックパックを探している方はその点は見逃さないように!

FACY

ニュースレター

PR

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。