お盆やお正月の帰省、私たち義実家でこんなモヤモヤ感じてます

嫁いびりではないけれど...

Derek Yamashita / Shutterstock.com

お盆やお正月には、たいてい夫側の実家に帰省するという人は多いと思います。義実家のなかで唯一の他人とも言われる、嫁の立場。義両親との関係でモヤモヤすることもあるのではないでしょうか。

よく新旧の育児をめぐっての対立話を聞きますが、内情はそれ以外にも”モヤっとポイント”が頻出している様子。嫁の立場のみなさんに聞いた、帰省にまつわるエピソードをご紹介します。

毎回悩む手土産選び、みんなどうしてるの?

まずは、定番のお土産にまつわるお悩みから。こちらでは成功事例をご紹介します。

続きを読む

「最初は良かれと思って、帰省のたびに違う銘菓を用意していました。けど、全然食べてくれなくて。義実家の人たちは、新作を試すよりも慣れ親しんだ同じものをずっと買い続けるタイプだったんです。それ以降、わざと毎回同じものを持って行くようにしました」

「色気がないけれど、現金を渡します。お盆とお正月は長く滞在するので、食費として。あとは、夫が飲む分ぐらいのビール券をお土産として渡すこともあります」

「帰省の少し前に、みんなで食べましょうという意味を込めてお中元を送ります。しゃぶしゃぶセットとか、食事の支度の手間も省けるし喜ばれますよ」

お土産のやり取りも毎度のことなので、「いらないものを義理で買っていくよりも、現金や飲み物にするほうがお互い気兼ねがない」と考える人も多いようです。先に食い扶持分を渡しておけば、滞在中タダで飲み食いするという悪い印象は与えなくて済むのかもしれません。

ただ、家事は嫁の仕事だ!と言わんばかりにすべてを押し付けられる義実家なら、「お金を渡して家政婦扱いされて」と正直ちょっとモヤモヤするのですが。

嫁いびりがないからこその悩み「ぜいたくだけど窮屈です」

次に、気づかい屋さんタイプの義両親を持つ人ならではのお悩みをご紹介します。

義理家族との関係が良好であれば、帰省も苦にならないはず。周囲はそう思うかもしれませんが、優しい舅と姑を持つがゆえに抱く悩みもあるようです。

「食事の支度は、料理上手な義母が全部やってくれるんです。私がせめて片付けぐらいしようと手を出すと、義父が『いいよ、いいよ! 母さんにさせれば』と言ってくれるのは大変ありがたいのですが…それを義母が聞いているわけではないので、義母からすると私は完全に何もしない嫁。義父に『せめて片付けぐらいは私が』と申し出るのですが、基本的に義父が言うことに逆らうのはタブーな空気で。『いいから座ってなさい』と。せめてそれを義母のいるところで言ってくれればいいのですが。板挟みになってしまいます」

「私がたまに料理をすると、義父が気をつかってすごく褒めてくれます。夫も『○○は料理がうまいからさぁ』と、なぜか得意顔。義母も最初は褒めてくれていましたが、私が作ったときだけ褒める義父と夫にイライラが募っているのが分かるんです。『お義母さんにはかないませんよ』と言いますが、それを言うとさらに義父の褒め攻撃...嬉しいけど、空気読んで~! 料理を手伝いづらいんです」

義実家と仲が悪い人からすると、ぜいたくな嘆きかもしれませんね。しかし義両親がいい人なだけに、夫にも愚痴れず居心地の悪さを感じる人もいるのでしょう。

それってイヤミ? 何気ないひとことにグサリ

また、帰省中は多くの女性が「姑から放たれたあの言葉、イヤミなの? 悪気はなさそうだけれど…」とモヤモヤすることがあるようです。この記事を読んでくださっているみなさんにも、心当たりがある人がたくさんいるのではないでしょうか。

「姑がよく『△△ちゃん(子)は●●(夫)に似てるから、要領よくなりそうね~』といったように、夫に似れば優秀というニュアンスのことを言ってきてモヤモヤします」

「私の実母が兄嫁に冷たく当たるのでその話を義母にしたら『まぁ自分の娘がかわいいよね、孫も娘のほうがかわいく見えるし』って。待って、私の夫にも姉がいるんですが…仕方のないことなんだけど、どうリアクションすればいいのか」

「『全部知っておいたほうがいいと思って』と、夫の女性遍歴をすべて話されました。別に聞きたくなかったけど。さらに『年上ばかりと付き合っていたのに、好みって変わるのね』の追い打ちがダメージ大」

「子どもが悪いことをしたので叱ったら『かわいそうにねぇ』と言われるのにイラッとします。逃げ場になってくれてるんだろうけど、『かわいそう』は少し違うなぁって思うんです」

同じ言葉でも“自分の身内に言われたら、そこまで気に留めない”ということもあるかもしれませんね。相手に悪気がない場合、言い返すとこちらが悪者になってしまいそうです。天然爆弾を放たれるほどキツイことはない気もしますね。

真面目な人ほど義両親にモヤモヤする!?

あからさまに嫌がらせをされているのであれば、あっさり帰省しないという選択ができるかもしれません。しかし“地味に関係が良好なだけに、地味にツライ”という人がたくさんいるようです。

元は他人なので、ひとつ屋根の下で長時間過ごせばいろいろあるもの。すべて真面目に・真正面からキャッチすると苦しいこともあるでしょう。せっかくの連休なので、こまかいことは受け流して楽しめることを祈っています。

peekaboo(ピーカブー)

ニュースレター

PR

peekaboo(ピーカブー)

ママが働くすぐそばで、子どもを預けて安心して働ける場所、それが「子育てママの働くオフィス【ピーカブー】」です。
それぞれ環境の違うママ達も、共通言語は「子育て中」ということ。
peekabooは、子育てママが自分に自信を持ち、自分の人生も謳歌し【未来の選択肢】を増やす…そんな会社でありたいと思っています。