販売好調のスズキ、東京オートサロンでカスタマイズ車12台を展示予定

スズキ(7269)、2018年1月12日から14日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に参考出品車4台を含む全12台を出品すると発表した。

東京オートサロンは、1983年にチューニングカーマガジン「OPTION」誌初代編集長が、カスタムカー文化を世に広めるべく「東京エキサイティングカーショー」としてスタートした展示会である。

今回の東京オートサロンでスズキは、広い室内空間のワゴンと高い走破性を持つSUVを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン新型「クロスビー」をベースに、ウィンタースポーツを楽しむための「クロスビー ウィンターアドベンチャー」や、アウトドアで役立つ装備を取り入れた「スペーシア トールキャンパー」など、個性豊かにカスタマイズした車両を参考出品する。

続きを読む

なお、スズキが27日に発表した国内の販売実績は、軽四輪車は、ワゴンR、スペーシア、エブリイ等が増加し、前年同月実績を12か月連続で上回った。また、登録車は、スイフト等が増加し3か月連続で前年同月実績を上回り11月として過去最高を更新、1~11月累計で10万台を達成している。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。