ブラック企業に「パワハラ上司」あり!こんな上司がいたら要注意!?

どんなに自分に合った仕事でも、ブラック企業にいると力は発揮できません。さらにパワハラ上司がいるとなると、メンタルを崩す可能性も……。そこで今回は、ブラック企業の温床ともいえる「パワハラ上司」の実態について、具体例をもとに紹介します。似たような上司が近くにいる方は、要注意ですよ!

「上司」という立場を利用する社員に要注意!?

パワハラ上司の特徴として多いのが、立場を利用して部下をこき使うことです。

たとえば小売店で働いていたAさんは、「何で〇〇をやってないの?早く店に来い」と、休日にも関わらず店長から電話で呼び出される日々を送りました。しかし店に行くと、「話し相手になって」と仕事の用事がないのに呼ばれたことも。結果的にAさんは店長の上司に相談し、その店長には降格処分が下されました。

続きを読む

また、経理部で働いていたBさんは、税理士の資格を持つ上司に散々な目に遭わされます。ちょっとしたミスで30分以上罵倒された挙句、Bさんは気を失い、デスクに倒れてしまったのです。

「簿記を持っているのに、こんな仕事もできないの?」「女のクセに生意気だ」といった人権を否定するような言葉を浴びせたその上司は、パワハラ認定され、子会社に異動させられました。

パワハラ上司は、「上司」という立場の差を利用します。しかし「上司」というのは、会社内の単なる役割。部下が行動すれば、結局は紹介した例のように罰が下ることもあります。

パワハラは、「部下への威嚇」

そもそも、パワハラ上司は″弱い存在“です。実は気が小さかったり、自分に自信がなかったりする人が多いもの。″弱い存在”と思われることを恐れ、相手を威嚇しているんですね。

また、相手の言葉や態度に敏感なため、「生意気だ」「気に入らない」といった気持ちを部下に抱きやすい傾向も。そこで「上司」という盾を使って、部下に攻撃的になります。

しかし、部下からしたら迷惑極まりないことですよね。ちなみに、養命酒製造が実施した「東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態に関する調査」によると、「上司の言葉に疲れが倍増したことがある」という割合は41%。実に半分近くの人が、上司の言葉で何かしらのダメージを受けているんです。

パワハラ上司に出会ったら、すぐに逃げ出すことを考えて

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。