転職で後悔する人、満足する人の分かれ目はどこにある?

転職活動はやり方によって成功するか失敗するか大きく分かれます。人生の転機となる転職で失敗して後悔することにならないためにはどうすればいいのでしょうか。転職活動をする際に気をつけたいことや避けるべきこと、女性が活躍しやすい会社に転職するための見極めポイントを紹介します。

転職活動は会社に在籍しながら行う

リクナビNEXTが行った転職成功者1000名のアンケート調査によると「会社に在籍しながら転職活動を行った」が63%、「会社を退職してから転職活動を行った」が34%という結果で、会社在籍中の転職活動者が多いようです。在職中の転職活動にはどんなメリットがあるのでしょうか(参考:リクナビNEXT・転職成功ノウハウ)。

続きを読む

収入が確保されているので気持ちに余裕がある

在籍中の転職活動は、収入を確保した状態なので心に余裕を持って転職活動ができます。一方、退職した後に転職活動をする場合、経済状態が心もとなくなってくると、ついつい「早く決めなくては」という気持ちになることもあるでしょう。

納得できていないのに、手元のお金が減る焦りから早まった決断をすれば、「条件面で妥協してしまった」「転職前の方がましだった」という状況になりかねません。

良い会社に出会えたら転職というスタンスでOK

転職活動は自分の価値を知るために、現職に不満がなくても行うべきという意見もあります。在職中ならば、「もし今より良い条件の会社があれば転職するのもいいかな」という気持ちで相談してみるのも”あり”なのです。もし給与・待遇・仕事内容などの条件が自分の希望に合う会社があれば転職を進め、なければ現職を続ければいいのです。

焦って転職しようとすると転職エージェントの言いなりになりがちですが、本来転職は自分の人生の大きな決断なので自分のペースで行うものです。その点で、「本当に良いと思える会社に出会ったら転職に踏み切る」という余裕がある判断ができるのは、在職中の転職活動ならではと言えるでしょう。

SNSに転職活動について書くことは絶対にNG

最近では、人事関係者は必ずと言っていいほどSNSなどで採用予定者の情報を収集します。そこで前職の悪口や機密情報を書いていることが見つかれば「信頼できない人」と思われてしまう危険性も。

また、SNSでの発言は採用側だけでなく、在籍する会社の人が見ている可能性もあります。人事だけでなく、同僚や上司に転職活動を知られることもあり得るので、明確な内容でなくても「会社を辞めるつもりなのでは」と思わせるようなことは、自分に不利になる場合もあるので書かないに越したことはありません。

「女性が活躍できない企業」の見極めポイント

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。