世界の生命保険会社の格付け一覧

Jirsak/Shutterstock.com

生命保険を契約するときに保険会社の格付けは誰しも気になりますよね。なぜかといえば、生命保険は保険会社との契約であるためです。保険会社の経営が健全であればその契約内容は履行される可能性が高くなるからです。

今回は世界を代表する信用格付け会社であるS&P(スタンダード&プアーズ)の格付けについて各生命保険会社の公表資料を参考に、国内生命保険会社及び外資系保険会社の「保険財務力格付け」カテゴリーの自国通貨建て長期格付けについて見ていきましょう。

続きを読む

ただし、各保険会社がサイト上などで格付けを発表したのちに格付けやアウトルックが変更になっている場合もあります。この点については留意と確認が必要となります。ここでは、各保険会社が格付け情報などに関する内容をディスクロージャー誌やウェッブサイトに掲載するために確認した時点を表記しています。

格付け一覧まとめ

さて、以下のような形式で格付けと生命保険会社についてまとめていきます。

格付け

  • 保険会社名(クレジット・ウォッチ/アウトルック、クレジット・ウォッチ/発行体格付け確認日)

AA-(ダブルAマイナス)

A+(シングルAプラス)

A(シングルA)

A-(シングルAマイナス)

考察にかえて

アウトルック公表日がやや前のも含まれているので、一概な比較はできません。しかし、公表日が直近の保険会社の格付け会社間の比較は参考になるでしょう。

米国が世界に代表する生命保険会社であるメットライフのアウトルックがAA-となっています。AA-の定義としては、保険会社が保険契約履行する能力は非常に高く、最上位の格付け(「AAA」)との差は小さいとされています。

また、日本のメガ生保である日本生命、第一生命、住友生命はA+、また外資系保険会社も同様です。保険会社の格付けを知る際に参考にしていただければ幸いです。

補足

格付けは格付け会社による評価、意見となっています。また、個別の保険の保険金や給付金の支払いなどについて格付け会社が保証を行うものではありません。加えて、格付けは商品やサービスの評価でもありません。格付けは今後変わる可能性があります。

参考資料

  • 各生命保険会社ディスクロージャー資料
  • S&P Global Ratings
  • 「S&Pの格付け定義等」

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。