「卒婚」も視野に入れよう! 離婚のリスクを考えた新しい夫婦の形

毎日パートナーと顔を合わせているうちに、「離婚したい」と感じる瞬間はありませんか?とはいえ、「じゃあ別れよう!」と簡単に決断できるものでもありませんよね。そこで今回は、さまざまなデータをもとに離婚をについて考えてみます!

「離婚率の高い年代」と「離婚原因」の1位とは?

政府統計「e-Stat」による「同居をやめたときの年齢別にみた年次別離婚件数・離婚率(人口千対) -夫・妻-(2017年)」では、日本で一番離婚件数が多いのは30代と示されています。では、一体どのような理由で離婚に至った夫婦が多いのでしょうか。

続きを読む

裁判所が発表した司法統計「平成29年度 婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別  全家庭裁判所」において、「裁判に発展した離婚理由」で最も多かったのは「性格の不一致」となりました。そのほか、暴力や異性関係、浪費が原因で離婚した夫婦も存在しています。

かなり範囲が広い「性格の不一致」には、考え方や生活習慣の違いも含まれているはず。いざ一緒に住んでみると、付き合っていた頃には感じなかったお互いのズレに気づくケースもあるのでしょう。

「卒婚」という選択肢も

なかには、「夫が定年を迎えたら離婚しよう」と考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、ここで考えておきたいのが「離婚のリスク」。定年離婚をすることにより、老後の金銭面の不安がより大きくなってしまうかもしれません。

そこで、「卒婚」を視野に入れてみてはどうでしょうか。これは、「離婚はせず、配偶者に必要以上に干渉しない。自分のライフスタイルを満喫する夫婦関係」を指します。

明治安田生活福祉研究所が1万2,000人の男女を対象に実施した『2018年人生100年時代の結婚に関する意識と実態』では、卒婚を「良い」「どちらかと言えば良い」と感じている60代前半の男性は61.4%、女性は78.7%いう結果となりました。「老後は1人の時間も楽しみたい」「ほどよい距離感を保ちたい」と考えている夫婦が多いといえるでしょう。

ただし、配偶者からDVを受けている、一緒にいると精神的・身体的な苦痛が発生しているという場合は、離婚をするべきかもしれません。ご自身の状況を踏まえ、離婚すべきなのか、卒婚で充分なのかを考えてみてください。

離婚前にしておきたいこと

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。