定番の白Tがおしゃれになるデニムって? おすすめの3本はコレ

夏のトップスの定番といえば、無地の白T。単体で大きく差をつけるのは難しいアイテムだけに、問われるのはパンツ選びのセンス。そして、白Tがもっとも映えるパンツといえば、やっぱりデニムかと。

ただ、白Tにデニムのシンプルなスタイルって定番過ぎるがゆえに、意外とハードルが高い。ここはプロのショップスタッフの助けを借りて攻略しましょう。間違いないデニムを3本ピックアップしました。

白Tをスマートに引き立たせるなら

続きを読む

そもそも、デニムをスマートに穿きこなすのであれば、大げさなデザインや加工は必要ありません。デニムの本場である岡山発ながら、あくまでシンプルなデニム作りに徹する姿勢で人気を博すのが、『Ordinary Fits』。

腰回りはややゆったりですが、裾に向かって軽くテーパードしているので、ダボつき感はなし。あえて少し短めに仕上げた丈感とも相まって、スッキリした印象のシルエットです。しっかり赤耳も付いているので、デニム好きでもモノ足りないなんてことはないかと。

ストレッチデニムながら“ヴィンテージ顔”

いったんストレッチ混のデニムの穿き心地を知ってしまうと、なかなか後戻りはできない。まさにそれを体感できるのが、『RED CARD』の一本です。ただ単に穿き心地が楽なだけでなく、細かいフィット感、加工の全てにもこだわり抜くのが同ブランド。EDIFICEの別注ポイントにも要注目です。

筆者が感心したのは、通常レングス(80cm)からジャストレングス(73cm)に変更されている点。裾上げって手間がかかるだけでなく、シルエットが崩れるリスクもあるゆえ、気の利いた別注ポイントなのかと。また、日本人の体型に合わせて、ヒップや加工位置は微調整されているので、今まで体型に合うデニムに出会えなかったなんて方もぜひ。

“育てがい”ありすぎるワイドデニム

白Tシャツスタイルの選択肢を広げるのであれば、下半身にポイントを作るべく、ワイドデニムも候補に入れたい。画像のように足元で生地が溜まらず、ストンと落ちるレングスであれば、野暮ったくも見えません。

こちらは岡山発の『negative denim』。シルエットだけでなく、同ブランドの凄みはインディゴ染めの深さです。一般的なデニムの染め回数が8回程度なのに対し、こちらはなんと32回。デニムは手に入れた後、自分で一から育てたいなんて方は見逃せない一本。これは“育てがい”ありますよ。

あとがき

アメカジっぽくなりすぎず、それでいて野暮ったくなりすぎないデニムをぜひ、この機会に。

FACY

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。