「クーラーで寒い!」サッと羽織れてお洒落なカーディガンのオススメは?

夏。戸外が暑くなるにつれ、逆に寒くなっていくのが室内です。不意に容赦ない冷風にさらされる、オフィス、喫茶店、電車の中。遭遇したら最後、半袖のシャツのみで出かけた自分を呪うしかありません。

ただこの時期になって、いちいちジャケットを持ち歩くのは面倒。ジャケットでは、コーディネート的にも大げさですし。となれば、パッと羽織れるカーディガンがあると便利です。使いやすく、なおかつコーディネートにも取り入れやすい。それでは早速、プロが選んだ3着をチェックしてみましょう。

続きを読む

ラップカーディガンで軽快さを取り入れる

春夏であれば、“着る”というより、“羽織る”という使い方に特化した「ラップカーディガン」に注目したい。前立てのボタンおよびボタンホールを省略することで、より軽やかな印象になるのがラップカーディガンの特徴です。

さらに夏らしい清涼感を出すため、EDIFICEの一枚は生地にもひと工夫。独特のシャリ感の秘密は、“和紙”。ポリエステルを混ぜているので、強度も心配ありません。従来のカーディガンにしっくりこなかった方はぜひお試しを。定番のブラックもあり。

一枚でコーディネートを格上げできる

ラップカーディガンとひと口に言えど、ブランドごとに料理の仕方はさまざま。より、エレガントかつリラックスした雰囲気を求めるのであれば、『JUHA』の一枚も見逃せません。

高級なエジプト綿に“シルケット加工”を施した生地は、まるでシルクのような光沢感。動きが出やすい、ゆったりしたシルエットは生地の高級感をさらに引き立てます。単なる防寒だけではなく、「一枚でコーディネートを格上げできる」カーディガンをお探しであれば、ぜひトライしたい一枚。夏に似合う鮮やかなブルーもご用意アリ。

やっぱりベーシック派は『VA-VA』の一着を

やっぱりベーシックなカーディガンも捨てがたい。そんな方は『VA-VA』の一枚もチェックしておきましょう。上質な素材をシンプルに料理した一枚であれば、オフィスで着ていても違和感なし。オフにはラフにデニムなんかに合わせてもキマリそうです。

素材は高級綿で知られるエジプト超長綿のギザコットンを使用。バインダー仕様の前立て幅が、一般的なカーディガンよりやや細めなのも上品でいい。通年でコーディネート問わず使いやすい一枚です。他カラーのグレーもいい色味なので、ぜひチェックを。

あとがき

冷房温度は周りのことを考えて調整しないといけません。そのためにも、カーディガンを備えておき、自力で体温調整できる術を持っておきましょう。

FACY

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。