公立と私立で大違い…子どもにかかる教育費の差とは?

親としては「子どもの望む進路に進ませてあげたい」と思う一方、「教育費がいくらかかるんだろう」と心配になってしまいますよね。できるだけ早くから教育資金を用意しておくためにも、今のうちから必要な教育費の目安を知っておくことが大切です。

そこで今回は、教育費の総額や捻出方法をご紹介します!

公立と私立における教育費の差

ひとくちに「教育費」といっても、進学先によって費用が大きく異なります。そこで、公立と私立にどれだけの差があるのかをみてみましょう。

続きを読む

文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」(平成29年12月22日発表)で示されている、公立・私立それぞれに要する「学習費総額」をもとに計算していきます。

なお、この調査は2年ごとに実施されており、全国の公立および私立の幼稚園・小学校・中学校・高等学校(全日制)に通う幼児児童生徒を対象にしています。

また、「学習費総額」は「保護者が1年間に支出した子供1人当たりの経費」を以下の3つに分けた合計額です。

学校教育費:授業料やクラブ活動などで必要な教科外活動費、通学費を含む
学校給食費:給食の実施形態に関わらず、給食費として徴収した経費
学校外活動費:学習塾や家庭教師費用、また習い事に必要な費用を含む

【公立の学習費総額】
幼稚園:23万3947円
小学校:32万2310円
中学校:47万8554円
高等学校(全日制):45万862円

【私立の学習費総額】
幼稚園:48万2392円
小学校:152万8237円
中学校:132万6933円
高等学校(全日制):104万168円

どの時期においても、公立と私立ではかなりの差があることが分かりますね。なお、幼稚園から高校まですべて公立に進学したと仮定すると、高校卒業までにかかる学習費は以下のようになります。

幼稚園の学習費 × 2年=46万7894円
小学校の学習費 × 6年=193万3860円
中学校の学習費 × 3年=143万5662円
高等学校(全日制)の学習費 × 3年=135万2586円

これらを合わせると、ずっと公立でも約520万円が必要となります。大学のことも踏まえると、より多くのお金を用意しておいたほうが安心でしょう。

大学にかかるお金もチェック

では、大学にはいくらお金がかかるのでしょうか。先ほどと同様に、私立と公立それぞれのケースをみてみましょう。

2018年12月26日に文部科学省が公表した「2017年度(平成29年度)入学者の学生納付金等調査結果」では、私立大学(学部)にまつわる費用は以下の通りでした。

授業料:900,093円
入学料:252,030円
施設設備費:181,294円

これらを合わせた「初年度学生納付金」は1,333,418円となります。さらに、実験実習料等を加えると、初年度に納める総計は1,455,729円に。

その一方、国立大学の授業料は2005年度から53.5万円のままの状態です。授業料だけで比較してみても、私立よりはかなり安い金額となっています。

教育費の捻出方法

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。